1. ホーム
  2. 光ファイバーって何?サービスの選び方ポイント

光ファイバー(光回線)って何?サービスの見つけ方・選び方のポイント

光ファイバーって何?

フレッツ光や光コラボ(OCN光やドコモ光、ソフトバンク光など)、auひかり、NURO光など、日本には様々な光ファイバーのインターネット回線が存在しています。

多くの人が当たり前のように使っている光ファイバーのインターネット回線ですが、そもそも光ファイバー(光回線)とは何でしょうか?

このページでは、光ファイバーのアレコレについて解説しました。

光ファイバー(光回線)って何?

光ファイバー(光回線)は、光信号を使ったインターネット回線です。

光信号を使ってデータ通信をしているため、非常に速い速度でやり取りできます。
また、従来のダイヤルアップやISDN、ADSLとちがって基地局と離れていても通信損失が少なく、外部からのノイズにも強いため、安定した通信が行えることも強みです。

光回線のサービスの種類について解説!じつは4種類だけ!

光回線のサービスは数百~数千単位で存在するので、「サービスが多すぎて、ワケがわからない…」と困ってしまう人も多いでしょう。

しかし、光回線サービスの種類は4つだけです。
たしかにサービス数は多いですが、種類で考えると4つしかありません。

■光ファイバー(光回線)サービスの種類
 
サービス名
 
フレッツ光・光コラボ系 OCN光ビッグローブ光
ドコモ光 ソフトバンク光
So-net光プラス など
詳細
auひかり auひかり
詳細
NURO光 NURO光 NURO光 for マンション
詳細
電力会社系 ピカラ光BBIQ光
コミュファ光 eo光
MEGAEGGなど
詳細
※詳細を押すと、くわしい説明に移動します。

どのサービスも上記4種類のいずれかに属することになります。

(1)フレッツ光・光コラボ系

光回線の種類、フレッツ光と光コラボ

1つ目が『フレッツ光・光コラボ系』です。

フレッツ光は、NTT東日本・西日本が提供する光回線で、知名度も高いサービスですが、後継サービスとなる光コラボが登場したことによって最近は下火になりつつあります。

光コラボサービスの種類
▲現状日本で1番人気のある光コラボ。
対応エリアが広いので加入しやすい。

一方で光コラボは、現状日本で1番高い人気を誇る光回線です。
ドコモ光やソフトバンク光といった有名サービスをはじめとした、数百以上の光コラボのサービスが存在しています。

■代表的な光コラボ
サービス 月額料金 特徴
ドコモ光 戸建:5,720円
マンション:4,400円
光コラボ人気ナンバー1
docomoスマホとのセット割
最大20,000円のキャッシュバック
ソフトバンク光 戸建:5,720円
マンション:4,180円
独自技術で通信速度を高速化
SoftBankスマホとのセット割
最大37,000円のキャッシュバック
ビッグローブ光 戸建:5,478円
マンション:4,378円
老舗プロバイダの人気回線
auスマホとのセット割
最大26,000円のキャッシュバック
So-net光プラス 戸建:6,138円
マンション:4,928円
2年間は光コラボ最安値!?
auスマホとのセット割
最大60,000円キャッシュバック

●関連オススメ記事

光コラボ業者一覧 数百以上もある光コラボ回線、どうやって選ぶのがベスト?3つの選び方! 光コラボ回線のサービスの選び方を解説しました。ソフトバンク光やドコモ光、So-net光プラスなど数百以上ものサービスから、セット割や月額料金の安さ、キャンペーンで選ぶ方法を解説しました。速度重視の方でも安心なIPv6プラス対応のサービスについても解説してい... 2021-12-22

(2)auひかり

光回線の種類、auひかり

2つ目が『auひかり』です。

別記事「auひかりってどんなサービス?」でも解説している通り、auひかりは提供元のKDDIが独自に整備した光ファイバーを利用した光回線で、速い速度に定評があります。

au携帯/スマホのセット割、『auスマートバリュー』によって毎月最大1,100円×家族分の割引も受けられるため、とくにauユーザーにメリットが大きい光回線と言えるでしょう。

auスマートバリュー
▲解約しなければずっと月額話料金から、
最大1,100円の割引がされる

また、auひかりはキャンペーンも魅力です。
別記事「auひかりキャンペーン比較!」で紹介しているような、最大0円のキャッシュバックや、強力な月額割引特典などが申し込み窓口によって用意されています。

たとえば、人気プロバイダの So-net では、月額料金の大幅割引キャンペーンを行っています。

Sonetauひかりキャンペーン

キャンペーン内容 月額料金の大幅割引
戸建:94,336円割引
マンション:78,531円割引
ひかり電話 追加キャッシュバックなし
有料オプション 加入は任意
その他特典 ・セキュリティ12ヶ月無料
・PCサポート12ヶ月無料
キャッシュバック合計 月額料金の大幅割引
戸建:94,336円割引
マンション:78,531円割引
キャンペーン期間 2022年1月1日~1月31日
公式ページ So-net×auひかりキャンペーン

So-netの割引キャンペーンでは、公式サイトからauひかりを申し込むと、戸建て3,980円、マンション2,200円で利用できます。

総額最大94,336円もの割引が受けられるため、月々の支払いを安く抑えたい方や、高額な特典を受け取りたい方は、So-netを選べば間違いないでしょう。


■詳細ページ: So-net×auひかり公式ページ

●関連オススメ記事

auひかりキャンペーン比較 【目利き厳選】auひかりキャンペーン比較!今月の最強キャッシュバックは? auひかりの最新キャンペーン・キャッシュバック情報を比較しました。auひかりは高額キャッシュバックや豪華特典を狙えますが、いつまで経ってもキャッシュバックを受け取れないような詐欺まがいの悪質キャンペーンも少なくありません。このページでは、数多くのキャ... 2022-01-23

(3)NURO光

光回線の種類、NURO光

3つ目が『NURO光』です。

NURO光は、2013年よりSo-netが提供している光回線で、最大2Gbpsの回線速度で速度重視のユーザーから熱い支持を獲得しています。

光コラボやauひかりは通常プランで最大1Gbpsです。
NURO光は通常プランで2倍の最大速度があるということになります。

しかも、月額料金は5,200円で利用が可能です。
コスパの良さでは一番だと言えるかもしれません。

NURO光は最大2Gbpsで支持されている
▲世界最速クラス、最大2Gbpsの NURO光
速度重視のユーザーから熱い支持を得ている。

非常に優秀な回線だと言えるNURO光ですが、以下のデメリットがありますので契約には慎重になりましょう。

■NURO光のデメリット

  1. 提供エリアが限定的
  2. 導入に2回の工事が必要

現在、NURO光の提供エリアは関東/東海/関西/九州/北海道/広島、岡山です。
徐々にエリアは拡大してはいますが、まだまだ光コラボやauひかりと比べると狭いと言えるでしょう。

また、別記事「NURO光の工事って時間がかかるって本当?」でも解説しているように、NURO光は回線を導入するために、2回の工事が必要です。

1回の工事で導入できる光コラボやauひかりが、開通まで1ヶ月程度なのに対して、NURO光は開通まで2ヶ月ほどは待つこともすくなくありません。

デメリットはありますが、NURO光の通信速度が速いのはたしかです。
ネット回線は、1番速いところにしたい!」と考えている方は、NURO光を候補の1つに検討しておいて損することはないでしょう。

●関連オススメ記事

NURO光ってなに?5分でわかるNURO光 【初心者向け】5分でわかるNURO光|他サービスとの違いを、やさしく解説 NURO光は、2Gbpsの速度を誇る光回線です。でも、他の光回線との違いなどがよく分からない方という方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、初心者の方でもわかるよう、NURO光のサービス内容やその魅力、他のサービスとのちがいについてやさしく解説し... 2021-07-01

(4)電力会社系の光回線

光回線の種類、電力会社系

最後が『電力会社系の光回線』です。

日本には、各地方の電力会社が提供しているご当地光ファイバー回線があり、提供エリア限定ではあるものの、各地方では非常に高い人気を誇っています。

■日本各地のご当地光ファイバー
 
サービス名
北海道地方
FITWebヒカリ
東北地方
TOHKnet
関東地方
-
中部地方
コミュファ光
近畿地方
eo光
中国地方
MEGAEGG
四国地方
ピカラ光
九州地方
BBIQ

それぞれ地域密着型のサービスを提供しており、地域によってはフレッツ光や光コラボよりも高いシェアを持っており、高い顧客満足度のサービスを提供しています。

中でもeo光は関西エリアで圧倒的な人気がある回線です。

eo光公式ページ

キャンペーン ・10,000円の商品券
 ※マンションは5,000円
 ※5ギガ・10ギガは、最大15,000円

・最大2,000円の月額料金割引
・他社解約金最大5万円まで負担
受け取り時期 開通から1ヶ月前後
キャンペーン期間 2022年1月1日~1月31日
公式ページ eo光ネット

eo光は関西エリア限定の光回線でありながら、全国4位のシェア率を誇ります。
人気のある理由としては、フレッツ光や光コラボとは独立した関西電力のインフラ設備を使った高速通信がひとつです。

フレッツ光や光コラボの設備は利用者が多く、その分、混線が起きやすい傾向にあります。
しかしeo光は、独自の光回線設備を使ったサービスなので、混線が起きにくいと言えるでしょう。

eo光の通信速度は速い
▲eo光は回線が混み合うことがすくなく、
快適なネット環境が手に入りやすい!

また、eo光は、光電話や光テレビといったオプションサービスと一緒に利用することで割引を受けられます。
eo電気や関電ガスとのセットも可能で、インフラ全体をeoにすることで、かなりの節約することができるでしょう。


■詳細ページ: eo光公式ページ


●電力会社系インターネット回線の関連記事
【関西限定】eo光 vs auひかり、どちらがお得?
【四国限定】ピカラ光 vs auひかり、どちらがお得?
【東海限定】コミュファ光 vs auひかり、どちらがお得?

光回線サービスの見つけ方・選び方のポイント

自分にピッタリな光回線サービスを見つけるのは、じつはそんなに難しくありません。

別記事「あっさり見つかる!?簡単インターネット回線の選び方!」でも解説しているとおり、『自分が何を重視しているのか?』がわかれば、実際問題あっさりピッタリなサービスを見つけられるでしょう。

光回線サービスの見つけ方・選び方のポイント
▲『何を重用視しているか』がわかれば、
ベストなネット回線はすぐに見つかる!
■タイプ別オススメ光回線とポイント
  オススメ光回線 ポイント
速度重視 NURO光
auひかり
独自回線を使った速度に定評があるサービス
料金重視 ドコモ光
So-net光プラス
ソフトバンク光
スマホとのセット割ができる!
ドコモ光⇒docomoスマホ
So-net光プラス⇒auスマホ
ソフトバンク光⇒SoftBankスマホ
導入のしやすさ重視 ドコモ ホーム5G
SoftBank Air
固定回線ではなく、ホームルーターなら、
工事なしでインターネットを導入可能!
解約のしやすさ重視 GMO光アクセス 解約金や定期契約の縛りがない回線

例えば、速度重視の方の場合。
最大2Gbpsの爆速ネット回線として人気の『 NURO光 』や、KDDI独自の光ファイバーで速度に定評のある『 auひかり 』といったサービスを検討するのが良いでしょう。

料金重視の場合、強力な割引キャンペーンのある光コラボの『 So-net光プラス (戸建:2,980円、マンション:1,980円で利用可能)』あたりが有力です。

また、お使いのスマホとのセット割を上手に使うことで、月々にかかる通信費を抑えることができます。

このように自分が何を重要視しているのか次第で、契約するべき光回線は自然に絞り込まれていきます。

●オススメ関連記事

速度が速いネット回線ベスト3 【速度重視】回線速度が速いネット回線ベスト5!実測データで比較! 速度が速いネット回線のベスト5を解説しました。『光だから速い』『ギガだから快適』といった売り文句でも実際使ってみると遅いネット回線はたくさんあります。このページでは、速度計測データを元に、実際に速いネット回線ベスト5を比較、解説しています。実際に使... 2022-01-23

月額料金が安いネット回線 【料金重視】月額料金が安いネット回線ベスト3!オススメはどれ? 月額料金が安いネット回線を厳選して解説しました。料金が安いだけのネット回線では遅い、障害ばかり、サポートが最悪…といった感じで後悔する危険性があります。では、月額料金が安く、サービス品質や評判も良いネット回線はどこになるのでしょうか?光回線、モバイ... 2021-12-18

おまけ:光ファイバー(光回線)に関する豆知識

ここでは、光ファイバー(光回線)に関する豆知識情報をまとめました。

初期の光回線は最大10Mbpsで提供されていた

光ファイバーのネット回線が提供され始めたのは2001年頃です。

最初にNTT東西が最大10MbpsのBフレッツをリリース、今となっては10Mbpsの速度はスマホよりもはるかに遅いですが、当時は「最大10Mbps!?すげぇぇぇ!」というインパクトのある速度でした。

光ファイバー(光回線)って何?
▲最初の光ファイバーは、最大10Mbps。
今だと、 NURO光 は最大2Gbpsのスペック。

最初は最大10Mbpsしかなかった光ファイバーのネット回線ですが、インターネットの普及や技術の進化によって爆発的に最大速度を伸ばしていきます。

最大10Mbpsが、100Mbps⇒1Gbps(1000Mbps)⇒2Gbps(2000Mbps)とどんどん速くなっていき、最近ではauひかりX(テン)やNURO光10Gsといった最大10Gbps(10000Mbps)もの最大速度を持つ光ファイバーも出てきており、今後もどんどん速度は上がっていくでしょう。

光ファイバーは電柱や地下などを通っている

別記事「光回線工事 丸わかりガイド」でも解説している通り、光ファイバーのインターネット回線に契約すると、電柱や地下を通っている光ファイバーを家の中に引き込む回線工事を行います。

光ファイバーの接続イメージ
▲ネット回線に契約すると、電柱などを通っている
光ファイバーを家の中に引き込む工事を行う。

戸建の場合はエアコンのダクトや電話の配管、マンションなどの集合住宅の場合は共有設備であるMDFという配線板を通して光ファイバーを家の中に引き込み、部屋の中にあるONU(回線終端装置)に繋げばネットに繋がります。

NURO光のONU
▲NURO光で使われているONU(回線終端装置)。
お弁当箱くらいのサイズでモデムとも呼ばれる。

ONU(回線終端装置)から先は、LANケーブルを使って有線接続をしたり、無線LAN(Wi-Fi)でスマホやゲーム機、ノートPCなどを接続するのが一般的です。

日本の光ファイバーは、世界で一番速い?

日本のインターネット回線は、世界一速い」という説があります。

下の図は、世界中のインターネット人口や普及率、利用実態などの情報を収集し、発表している「Internet World Stats」という団体が発表したデータで、世界各国のインターネットの平均速度を表しています。

世界各国のネット速度比較

この図によると、日本のインターネットの平均速度は61Mbpsで、2位の韓国を大きく引き離して1位を獲得しています。

■ネットの速度が速くて安い国トップ5
 
国名
平均速度
1Mbpsあたりのコスト
1位
日本 61Mbps 0.27ドル(約30円)
2位 韓国 46Mbps 0.45ドル(約50円)
3位 フィンランド 22Mbps 2.77ドル(約311円)
4位 スウェーデン 18.2Mbps 0.63ドル(約70円)
5位 フランス 17.6Mbps 1.64ドル(約184円)
15位 アメリカ 4.8Mbps 3.33ドル(約374円)
※1ドル=112円として換算

インターネットが生まれた国でもあるアメリカと比較しても、日本のインターネットの平均速度はアメリカの15倍近い速度が出ていることがわかります。

実際、日本には個人向けの光ファイバーとしては 世界最速クラスとなるNURO光 があり、世界的に見ても非常に恵まれたネット回線に契約しやすい状況です。

このような世界的に見ても恵まれたネット環境が構築できているのは、NTTや各地の電力会社が日本全国に光ファイバー網を莫大なコストをかけて整備し、手が届きやすい価格で提供したおかげと言えるでしょう。

光回線の『回線』と『プロバイダ』のちがいは?

知っているようで知らないのが、回線とプロバイダの違いです。

回線とプロバイダの違いや役割については、別記事の「回線とプロバイダの違い」でも解説していますが、回線とプロバイダがなくてはインターネットを利用することができません。

プロバイダ、回線の違い
▲回線は、物理的な光ファイバー、
プロバイダは、インターネットに繋げる役割

フレッツ光では、NTT東日本、西日本が持っている回線とOCNやBiglobe、So-netなどのプロバイダ、2つの会社と契約する必要がありましたが、最近ではセットになっていて選ばなくても良い場合もあります。

■回線別プロバイダ選択の有無
 
プロバイダ選択の有無
フレッツ光・光コラボ系 フレッツ光:プロバイダの選択が必要
光コラボ:基本的にプロバイダ選択なし
※ドコモ光はプロバイダの選択が必要
auひかり 7社から選択が必要
NURO光 プロバイダの選択なし
電力会社系 プロバイダの選択なし

回線とプロバイダ、それぞれの会社と契約する事になると、問い合わせ先が2つになってしまうなどのデメリットもあるので、わずらわしいのが嫌いな人は、セットになっている回線を選ぶのも良いでしょう。

関連記事
フレッツ光のオプションサービス
ホーム
フレッツ光ではさまざまなオプションサービスを提供しています。その中には便利なようで不要なサービスもたくさん含まれています。このページでは重要なオプションサービスを紹介...
モバイルWi-Fi・スマホと他社回線との決定的な違い
ホーム
WiMAX2+やSoftbank Air、どんなときもWi-Fi、NEXT mobileなどモバイルWi-Fiやスマホのネット回線を日々高速化しています。5Gなどが登場すれば光回線を上回る速度にも期待できるモ...
フレッツ光・光コラボ、申し込み時の注意点・確認事項
ホーム
光ファイバーの申し込みは基本的に難しいことはありませんが、申し込み窓口やプロバイダが違うだけで料金など大きく変わってきます。初期工事費なども違いが出てくるのできちんと...
auひかりと他社との決定的違いとは?ソフトバンク光やドコモ光と徹底比較
ホーム
ソフトバンク光やドコモ光などはNTTの設備を使っていますが、KDDI提供のauひかりはKDDI独自の設備でサービス提供を行っています。そのため、料金システムや提供エリア、また回線の...
日本で1番加入者の多い、光コラボ・フレッツ光回線を解説!
ホーム
光コラボはもともとフレッツ光の設備を丸ごと利用したサービスモデルです。そのため回線速度はフレッツ光と全く変わりありませんが、料金やサービス体系など大きく異なります。こ...