1. ホーム
  2. プロバイダと回線事業者の違い

プロバイダと回線事業者の違い|日本のインターネット事情をまるっと解説

プロバイダと回線業者の違い

ネット回線に接続する際、『プロバイダ』と『回線』が必要です。

しかし、意外と知られていないのがプロバイダと回線の違いで、「え? 同じじゃないの?」と思っている人も少なくありません。

このページでは、プロバイダと回線事業者の違いをはじめ、失敗しないネット回線・プロバイダの選び方などをまるっと解説しました。

プロバイダと回線事業者の違いって何?

プロバイダと回線の違いは役割です。
プロバイダはユーザーとインターネットを接続する役割、回線はユーザーがインターネットに接続する際の回線(電話線や光ファイバーなど)を提供する役割になります。

プロバイダと回線の違い
▲プロバイダと回線は役割が違う。
それぞれ接続と回線を担当している。

インターネット接続は、光回線であれば光ファイバーを使って行われます。

この時使われる光ファイバーが『回線』です。
回線を提供する事業者は、NTT東西やKDDI、各地の電力会社やケーブルテレビ会社で、ネット接続するのに必要となる光ファイバー(回線)を提供しています。

プロバイダと回線の違いと役割
▲インターネットに接続する仕組み。
プロバイダは接続、回線業者は回線を提供。

回線を使って接続するのが『プロバイダ』です。
OCNやSo-net、@niftyなどのプロバイダは、回線業者から借りた光ファイバー(回線)を使って、ユーザーとインターネットを接続してくれます。

では、プロバイダと回線の詳しい役割や事業者はどんな感じなのでしょうか?

オススメの回線事業者&プロバイダは後述する失敗しないネット回線・プロバイダの選び方で解説しているので気になる人は参考にしてください。


●関連オススメ記事

光ファイバー(光回線)って何? 光ファイバー(光回線)って何?サービスの見つけ方・選び方のポイント 光ファイバーってそもそも何でしょうか?光回線=速いという理解をしている方は多いと思いますが、いったい何なのか?ということはなかなか知らないかもしれません。知られざる光ファイバー(光回線)について、種類や違いなども含めて解説しています。 2022-08-24

プロバイダの詳しい役割、どんな事業者があるの?

プロバイダは、インターネットサービスプロバイダ(Internet Service Provier)の略称です。

プロバイダ以外にも『ISP』や『接続事業者』と呼ばれることもありますが、多くの人が馴染みがあるのはプロバイダという呼び方でしょう。

日本のプロバイダ一覧
▲日本のプロバイダは数百社以上ある。
役割は、インターネットに繋げること。

プロバイダの主な役割はインターネットへの接続ですが、それ以外にもメールアドレスやセキュリティソフト、IP電話(ひかり電話)、ホームページスペースなど、様々なサービスも提供しています。

日本にはプロバイダが数百社以上あり、OCNやBIGLOBE、So-net、@nifty、Plala、Yahoo!BB、DTIなどが代表的です。

回線業者の詳しい役割、どんな事業者があるの?

回線業者は、文字通り回線を提供しています。
回線業者が提供している回線によって世界中のサーバーやパソコンなどが繋がっており、インターネットが形作られています。

■日本の回線業者の種類
 
提供しているサービス
NTT東日本、西日本 フレッツ光、光コラボレーション( ドコモ光 ソフトバンク光 ビッグローブ光 など)
KDDI auひかり
電力会社系 eo光 コミュファ光 PikaraMEGAEGGBBIQ など
ケーブルテレビ会社 JCOM イッツコムなど
携帯電話系の会社 Docomoauソフトバンクなど
モバイルルーター系の会社 docomo home 5G SoftBank Air UQ WiMAX など

日本の回線業者は、NTT東西やKDDI、各地の電力会社やケーブルテレビ会社、携帯電話会社(ドコモやau、ソフトバンクなど)、WiMAXなどがあります。

ショボい回線混雑
▲インターネット回線は道路と同じ。
狭い道で渋滞が起きると遅くなる。

回線は道路のようなものです。
そのため、道路が荒れていたり細い(回線がショボい)場合や、渋滞している(道路が狭いのに利用者が多い)場合は必然的に遅くなってしまいます。


●関連オススメ記事

速度が速いネット回線ベスト3 【速度重視】回線速度が速いネット回線ベスト5!実測データで比較! 速度が速いネット回線のベスト5を解説しました。『光だから速い』『ギガだから快適』といった売り文句でも実際使ってみると遅いネット回線はたくさんあります。このページでは、速度計測データを元に、実際に速いネット回線ベスト5を比較、解説しています。実際に使... 2022-07-11

プロバイダ+回線、両方と契約が必要!?ちょっとめんどくさくない?

このページの冒頭にも書いている通り、インターネット接続するためには『プロバイダ』+『回線』が必要で、どちらか片方だけではネットには接続できません。

2つの会社と契約が必要だと、「なんかちょっとめんどくさくない…?」と感じる人もいるかもしれませんが、サービスによってはプロバイダと回線がセットになっています。

プロバイダと回線セット契約
▲インターネットに接続するなら、
プロバイダと回線、両方と契約が必要。

セットサービスの代表例が、携帯電話です。
Docomo・au・ソフトバンクといった携帯電話会社でスマホを契約した場合、プロバイダ+回線はセットになっているため、複数の会社と契約する必要がありません。

また、光回線の場合でも、 ドコモ光 ソフトバンク光 といった光コラボ回線や、最大2Gbpsの NURO光 はセットになっています。

回線とプロバイダの別々契約はめんどくさい?
▲別々で契約するのは意外と簡単かも。
めんどくさいならセットのサービスもある。

プロバイダと回線を別々に契約するタイプのサービスは、フレッツ光やauひかり、ドコモ光(光コラボの中でドコモ光のみプロバイダ選択可能)などです。

実際問題、別々の契約でもあまり手間はありませんが、「単純に別々で契約するのめんどくさーい…」という方はセットのサービスを検討するのが良いでしょう。


●関連オススメ記事

月額料金が安いネット回線 【料金重視】月額料金が安いネット回線ベスト3!オススメはどれ? 月額料金が安いネット回線を厳選して解説しました。料金が安いだけのネット回線では遅い、障害ばかり、サポートが最悪…といった感じで後悔する危険性があります。では、月額料金が安く、サービス品質や評判も良いネット回線はどこになるのでしょうか?光回線、モバイ... 2022-07-14

プロバイダはたくさんあるけど、差はあまりない?

プロバイダサービスの数は、数百以上です。
たくさんありすぎてワケがわからなくなりそうですが、プロバイダに差はあります。

プロバイダの差は以下のような部分に出てくるで、「どこと契約しても一緒でしょ!」とテキトーに選ぶとあとで後悔することになるかもしれません。

■プロバイダの差はココに出る!
  • 設備の規模や保守体制
  • サポート品質、コールセンターの規模
  • オプションサービスの充実具合
  • キャッシュバックなどのキャンペーン

なお、プロバイダと同じく重要なのが回線です。
ダメな回線に契約してしまうと、プロバイダに関係なく「速度、全然出ない…(泣)」という事態になりかねないため、回線についてもテキトーに選ばない方が良いでしょう。

ネット回線回線選び
▲快適にインターネットを利用するなら、
プロバイダ+回線はしっかり厳選したい。

では、ベストなネット回線・プロバイダはどうやって選べば良いでしょうか?

【失敗なし】インターネット回線・プロバイダの選び方

ネット回線を選ぶ際、回線+プロバイダの質は重要です。

しかし、あまりにもたくさんサービスがあるので、多くの人は「結局どのネット回線にすれば良いの…?」と迷ってしまうでしょう。

ネット回線の選び方
▲サービス数が多くて迷ってしまう場合、
速度か料金で考えるのがオススメ。

迷ってしまう場合は、速度重視』か『料金重視』でサービスを選ぶのがオススメです。

■ネット回線の選び方、速度or料金の安さ?
 
代表的なサービス
 
速度重視
auひかり
速度:1Gbps
料金:戸建5,390円~、マンション4,180円~
詳細
So-net光プラス
速度:1Gbps
料金:戸建6,138円、マンション4,928円
料金重視
GMOとくとくBB光
速度:1Gbps
料金:戸建4,818円、マンション3,773円
詳細
minico
速度:1Gbps(速度制限あり)
料金:戸建4,500円、マンション3,400円

また、光回線は基本的には工事してからの開通です。
「工事なしでできるだけ早くネットが使えるようにしたい!」という人は工事不要で使えるホームルーターやモバイルWi-Fiを検討しましょう。

ホームルーター&モバイルWi-Fiについては後述する利用開始までの早さならホームルーターやモバイルWi-Fiで解説しているので参考にしてください。

回線速度重視でネット回線を選ぶ方法

ネット回線の速度は超重要です。
遅い回線では『読み込み遅い…』『動画が途中で止まる…』『うちの光回線、下手したらスマホより遅い…?』といったことが起きかねません。

ネット回線速度遅い
▲インターネット回線は速い方が良い。
遅い回線だとストレスばかりたまる…

今後、4K・8K映像やスマートホームが普及していくことが想定されるため、快適に使うなら、よりしっかり速度の出るネット回線が必須となるでしょう。

速度に定評のあるネット回線としては、KDDIが提供する『 auひかり (最大1Gbps)』あたりが代表的です。

KDDIが提供する高品質光回線、auひかり

Sonetauひかりキャンペーン

キャンペーン内容 キャッシュバック
戸建:70,000円
マンション:70,000円
月額料金割引
戸建:総額22,000円
マンション:総額33,000円
ひかり電話 追加キャッシュバックなし
有料オプション 加入は任意
その他特典 ・セキュリティ12ヶ月無料
・PCサポート12ヶ月無料
キャンペーン合計 戸建:92,000円
マンション:103,000円
キャンペーン期間 2022年9月1日~9月30日
公式ページ So-net×auひかりキャンペーン

KDDI提供のauひかりも速度に定評のある回線です。
最大1Gbpsなので一般的な光回線と同じ最大速度ですが、KDDIが独自整備した光ファイバー網でサービスを提供しているため、回線混雑が起きづらく快適な速度に期待できます。

auひかり速い
▲auひかりは独自光ファイバーで提供。
回線混雑が起きづらく、速度に期待できる。
■通信速度比較
回線 平均通信速度
auひかり 468.28Mbps
フレッツ光 282.19Mbps
ドコモ光 273.96Mbps
ソフトバンク光 314.84Mbps
OCN光 281.72Mbps
ビッグローブ光 280.69Mbps

上の表を見てもらえばわかりますが、auひかりは平均通信速度が圧倒的に速いです。
これは、フレッツ光の回線設備から独立したauひかり専用の設備を利用しているから実現できます。

とくに夕方~夜にかけてのネット利用者が多い時間帯での安定した通信速度が好評です。

また、人気プロバイダの So-net からauひかりを申し込みすれば、キャッシュバックがもらえて、なおかつ月額料金が適用されます。

■auひかり×So-netのキャンペーン
キャンペーン 戸建てタイプ マンションタイプ
キャッシュバック 70,000円 70,000円
月額料金割引 総額22,000円 総額33,000円

非常に強力なキャンペーンで、合計すると戸建てタイプで92,000円、マンションタイプで103,000円の還元額です。

auひかりは全国でサービス提供をしているのも強みです。
関西では、KDDI関連企業( eo光 )とのサービス競合を避けるため、マンションタイプのみの提供ですが、関西以外は日本全国で戸建て・マンションともに利用できます。

auひかりキャンペーン
▲関西エリアの人はKDDIと提携している
eo光 を利用しましょう。

●公式ページ: auひかり(So-net)公式ページ

 

IPv6に対応した高速光コラボ、So-net光プラス

So-net光プラス公式ページ

回線速度 最大1Gbps
月額料金 戸建:6,138円
マンション:4,928円
キャンペーン 最大60,000円
※転用・事業者変更は50,000円
セット割 au携帯/スマホ
キャンペーン期間 2022年9月1日~9月30日
公式ページ So-net光プラス 公式ページ

すでに紹介したauひかりが利用できないケースもあるでしょう。
その場合は、契約できる可能性が高い光コラボを利用するようにしましょう。

光コラボはフレッツ光の設備を使ったサービスで、日本全国の94%以上の地域で利用ができます

光コラボの中でも、通信速度に定評があるのがSo-net光プラスです。
So-netは auひかり のプロバイダとしても人気がありますし、独自でサービスを展開している NURO光 も人気があります。

通信速度についてSo-netはかなり評判がいいと言えるでしょう。
そんなSo-netが提供している光コラボが So-net光プラス です。

大手回線速度契約サイトである「みんなのネット回線速度」でSo-net光プラスの平均通信速度を調べてむると、ダウンロードで278.91Mbpsもの数字が出ています。

オンラインゲームや高画質な動画を見る場合も不便することはないでしょう。

So-net光プラスは 公式ページ から申し込みを行うことで、最大60,000円のキャッシュバックがもらえます。

光コラボでここまで高額なキャッシュバックをもらえる回線はありません。
「速度もこだわりたいし、できるだけお得にネットを始めたい!」という人にとってもSo-net光プラスはオススメです。

検討する順番としては、 auひかり eo光(関西限定) So-net光プラス が良いでしょう。


●公式ページ: So-net光プラス公式ページ

料金のさ重視でネット回線を選ぶ方法

料金は安い方がいい!」という人は多いでしょう。
しかし、料金の安さだけでサービスを選んでしまうと、「安いけど、遅い…」「安いけど、サポート不親切…」といったことが起きるかもしれません。

そのため、料金の安さ重視で選ぶ場合、サービス品質の見極めもした方が良いでしょう。

セット割引
▲月額料金の安さを重視するなら、
品質も無視しないほうがいい。

月額料金が安いだけのネット回線はあるにはあります。
しかし使ってみたら「あれ? めちゃくちゃ遅いな…」といったこともあり得るでしょう。

なので、月額料金が安く、なおかつネット回線としての品質も保証されている光回線をランキング形式で紹介します。

■品質も加味した安い光回線ランキング
ランキング 月額料金&品質 詳細
1位
GMOとくとくBB光
☆月額料金
戸建:4,818円
集合:3,773円
☆回線品質
通常の光回線と同じ
詳細
2位
minico
☆月額料金
戸建:4,500円
集合:3,400円
☆回線品質
通信速度制限あり
詳細
3位
BB.excite光Fit
☆月額料金
戸建:3,520円~
集合:2,640円~
☆回線品質
利用データ量で高額に
詳細
 

ここで紹介している回線の共通の特徴は、「契約期間の縛りがなし!」という点です。
ただし、通信速度制限やデータ量で料金が変動するなど、月額料金以外にも違いがありますので、確認していきましょう。

シンプルな料金プランが魅力、GMOとくとくBB光

とくとくBB光
回線速度 1Gbps
月額料金 戸建:4,818円
マンション:3,773円
特典 基本工事費実質無料
Wi-Fiルーターが0円
解約違約金なし
セット割 -
公式ページ GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光は、大手IT企業のGMOが運営する光コラボです。

安価でシンプルな料金プランが魅力で「複雑な料金プランはもうイヤだ!」という人にはピッタリなサービスでしょう。

キャッシュバックやセット割といった特典はありませんが、基本工事費が実質無料だったり、Wi-Fiルーターが無料で借りられたりします。

なによりも、解約違約金ががありません。
多くの光回線サービスは、2年~3年の契約期間を設けています。

途中解約すると違約金が発生するのが一般的ですが、GMO光アクセスは違約金を払うことなく解約することが可能です。

また、ここまで月額料金を抑えておきながら、通常の光回線と同じ品質で利用ができます。

速度制限もありませんし、いくらネットを使っても料金はかわりません。


●公式ページ: GMOとくとくBB光公式ページ

朝、昼の利用が中心なら最安値!?minico

minicoキャプチャ画像

回線速度 最大1Gbps
月額料金 戸建:4,500円
マンション:3,400円
特徴 工事費実質無料
定期契約なし(縛りなし)
セット割 なし
公式ページ So-net光minico 公式ページ

So-netが満を持して提供を開始たい光コラボが、 minico です。

月額料金が戸建:4,500円、集合:3,400円で利用ができ、かなり割安だと言えるでしょう。
プラスして、「定期契約(縛り)なし」、「標準工事費無料」ですので、かなり気軽に乗り換えができます。

唯一、minicoのデメリットしてあげられるのが、ネット利用者が多い時間帯だと速度制限が発生する可能性です。

いつその速度制限が発生するかは予測がつきません。
おそらくもっともネット利用者が多い夕方~夜にかけての時間帯がもっとも速度制限がかかる可能性が高いでしょう。

月額料金は、このページで紹介するどの光回線サービスよりも安いminico。
しかし、速度制限がかかる可能性がある点だけは注意が必要です。

朝や昼といった利用者が比較的少ない時間帯で、インターネットを使うことが多い人は検討しても良いかもしれません。


●公式ページ: So-net光minico公式ページ

データ量200GB以下ならBB.excite光Fit

excite光Fit
回線速度 1Gbps
月額料金 戸建:3,520円~5,830円
マンション:2,640円~4,180円
特典 Wi-Fiルータープレゼント
解約違約金なし
セット割 -
公式ページ BB.excite光Fit

1ヶ月の利用データ量があまり多くない人にオススメなのがBB.excite光Fitです。

BB.excite光Fitが採用しているのは、4段階の利用データ量に合わせた料金システムで、月々の利用データ量によって月額料金が変動します。

■BB.excite光Fitの月額料金
データ量 戸建てタイプ マンションタイプ
30GB未満 3,520円/月 2,640円/月
200GB未満 4,290円/月 3,410円/月
500GB未満 5,060円/月 4,180円/月
500GB以上 5,830円/月 4,180円/月

つまり、あまりネットを使わない月はかなり安めの、多く使った月はすこし高めの料金になるわけです。

また、定期契約はなく、解約時の解約金はありませんが、新規申し込み時の工事費は割引されるとはいえ発生する点は注意しましょう。

月々にネットを30GBも使わないという人はすくないかもしれません。
しかし「ほとんど使わないしな…」という人にとっては、非常にフィットした回線だと言えるでしょう。


●公式ページ: BB.excite光Fit公式ページ

利用開始までの早さならホームルーターやモバイルWi-Fi

「できるだけ早くネットを使いたい!」

という人も多いでしょう。
その場合は、工事がいらないホームルーターやモバイルWi-Fiを検討してみてください。

工事がある光回線の場合は、開通まで平均で1ヶ月ほどかかります。
しかしホームルーターやモバイルWi-Fiは、1週間~2週間ほどでネットが使うことが可能です。

とくにモバイルWi-Fiであれば、申し込みから最短翌月で端末が送られてきます。

 
サービス 特徴 詳細
docomo home 5G 月額:4,950円
端末代実質無料
15,000円キャッシュバック
詳細
WiMAX 月額:1,474円~
端末代550円×36ヶ月
23,000円キャッシュバック
詳細
SoftBank Air 月額:4,180円
端末代実質無料
25,000円キャッシュバック
詳細

各サービスの詳細については、別記事「 【2022年9月】工事不要のインターネットとは?オススメを一挙紹介」でも解説していますので参考にしてください。

【docomo home 5G】ホームルーターでここまで速度が出るの!?

ドコモ home 5G

回線速度 最大1Gbps
月額料金 4,950円
キャンペーン 15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯/スマホ
その他特典 ・端末代実質無料
・縛りなし
キャンペーン期間 2022年9月1日~9月30日
公式ページ ドコモ home 5G(アイ・ティー・エックス)

工事がいらないホームルーターやモバイルWi-Fiは、「通信速度が遅い!」と言われてきました。

しかし、最近ではその通信速度もだいぶ早くなってきています。
データ量の多いオンラインゲームや、たくさんの動画をYouTube等にアップロードする場合でなければ、ホームルーターでも充分でしょう。

とくに docomo home 5G は通信速度が光回線並みに速いです。

■平均速度比較
サービス 平均通信速度
docomo home 5G 233.96Mbps
フレッツ光 282.28Mbps
ドコモ光 274.47Mbps
ソフトバンク光 314.59Mbps

上記の表では、docomo home 5G以外はすべて光回線です。
たしかに数字は一番低いですが、ほとんど遜色がないのがわかるかと思います。

月額料金も4,950円で変わらないですし、工事代はもちろんかかりません。
必要になるのは端末(ターミナル)ですが、端末代は実質無料です。

また、代理店の アイ・ティー・エックス から申し込みを行えば、必ず15,000円のキャッシュバックが受け取れます。


【WiMAX +5G】外出先でもネットが使い放題!

WiMAX2+GMOとくとくBBキャンペーン

回線速度 最大1.2Gbps
月額料金 1〜2ヵ月目:1,474円
3~36ヶ月目:3,784円
37ヶ月目以降:4,444円
キャンペーン 23,000円キャッシュバック
特典 端末無料+20日以内返品OK
公式ページ WiMAX×GMOとくとくBB公式ページ

ホームルーターは、自宅に設置して利用します。
コンセントに挿すだけでインターネットを使うので便利ですが、外出先では利用できません。

旅行先やカフェ、屋外などでネットを使う人はモバイルWi-Fiを検討しましょう。

モバイルWi-Fiでもっとも人気があるのが、KDDIのグループ会社であるUQコミュニケーションズが展開しているWiMAX +5Gです。

WiMAX +5Gは、回線事業者がUQコミュニケーションズで、プロバイダが多数存在します。

プロバイダによる通信品質の差はありませんが、月額料金やキャンペーンなどが違いますので、申し込みの際は気を付けましょう。

WiMAX +5Gのプロバイダでもっとも人気があるのが GMOとくとくBB です。
月額料金が安いですし、23,000円のキャッシュバックがもらえます。

■WiMAX(GMO)の月額料金
契約期間 月額料金
1ヶ月~2ヶ月 1,474円
3ヶ月~35ヶ月 3,784円
36ヶ月以降 4,444円

通常料金が5,302円なので、かなり安く使えることがわかります。

申し込み時に、ホームルーターとモバイルルーターを選ぶことになりますが、WiMAXのホームルーターは評判が良くないので必ずモバイルルーターを選ぶようにしましょう。

ホームルーターを利用したい人は、すでに紹介した docomo home 5G のほうがオススメです。


●公式ページ: WiMAX +5G(GMOとくとくBB)

【SoftBank Air】認知度は高いけど微妙…?

ホームルーターでもっとも認知度が高いのが、 SoftBank Air でしょう。

しかしSoftBank Airはあまり評判が良いとは言えません。

ただし、5G通信に対応したAirターミナル5が登場しているので、この評判は覆る可能性は高いです。

Airターミナル5は、最高通信速度がエリアによっては最大速度2.1Gbpsまでいきます

5Gエリアにお住まいの方は、検討しても良いかもしれません。
SoftBankスマホとのセット割が使えますし、 公式ページ から申し込みを行うことで25,000円のキャッシュバックがもらえます。


ちょっとまぎらわしい…代理店とプロバイダ・回線事業者って何がちがうの?

余談ですが、ネット回線には、代理店もあります。

プロバイダに回線事業者、次は代理店…となると、ちょっと紛らわしく感じる方もいるかもしれません。
が、代理店とは、プロバイダや回線事業者に代わって、サービスを販売する会社のことです。

代理店の主な勧誘、集客方法としては、

こういったものがあります。

代理店にも様々な会社があります。

中には、別記事「 【危険】ネット回線業者の悪質&詐欺まがいの手口と、必殺の撃退法!」で解説しているような悪質代理店も少なからず存在してるので、代理店を利用する場合は怪しいキャンペーンを提供しているようなところは避けるのが無難でしょう。

まとめ:プロバイダと回線事業者の違いって何?

光ファイバー

少し長くなってしまいましたが、「回線とプロバイダの違い」のまとめです。

■回線とプロバイダの違い
  • 物理的な回線(光ファイバー)を提供するのが回線業者の役目
  • 回線(光ファイバー)に繋ぐのがプロバイダの役目

もう一つ、「インターネット回線・プロバイダの選び方」まとめです。

■インターネット回線・プロバイダの選び方
  • 選び方は2種類、回線速度かスマホのセット割のどちらか
  • 回線の速さはNURO光かauひかりがおすすめ
  • スマホのセット割は、契約しているデータ通信プランで変わる

このような感じになります。
今回ご紹介した情報で、より良いインターネット回線に契約できれば幸いです。

関連記事
セット割を利用できる光回線 ドコモ・au・ソフトバンクのセット割を使える光回線特集|格安SIMユーザーの割引は?
ホーム
セット割を利用できるネット回線はどこが良いのでしょうか?ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMのキャリアを使っている場合の最適なネット回線を解説しました。携帯/スマホのセッ...
フレッツ光・光コラボ、申し込み時の注意点・確認事項
ホーム
光ファイバーの申し込みは基本的に難しいことはありませんが、申し込み窓口やプロバイダが違うだけで料金など大きく変わってきます。初期工事費なども違いが出てくるのできちんと...
プロバイダと回線業者の違い プロバイダと回線事業者の違い|日本のインターネット事情を簡単解説
ホーム
フレッツ光やauひかりでは、回線とは別に必ずプロバイダへの申込みが必要になります。特にフレッツ光では料金を2箇所に支払う必要があり支払いが複雑になってしまいます。プロバイ...
NURO光とは?サービス内容・料金・特典キャンペーン・他社との違いを解説
ホーム
NURO光は超高速インターネットとしてスタートしましたが、速度だけではなく料金やセキュリティ、工事など他社光とは大きく違う点がいくつもあります。このページではNURO光と他社...