1. ホーム
  2. インターネットコラム
  3. 携帯・スマホセット割の歴史

auスマートバリューは元祖セット割!携帯・スマホのセット割の歴史!

光回線や携帯電話を契約すると、今や当たり前に話が出てくるセット割。
月額料金が安くなるので、消費者にとってはうれしい割引サービスですが、どんな経緯で誕生して、どんな歴史があるのでしょうか?

このページでは、『auスマートバリュー』を例にセット割の歴史を解説しました。
auスマートバリューはセット割の元祖とも言える割引で、auスマートバリュー=セット割の歴史とも言えます。

なお、auスマートバリューの内容、割引金額などについては別記事「auスマートバリューのすべて!」にて解説しているので、興味のある方はあわせてご覧ください。

■目次

携帯・スマホのセット割はauが始めた! ドコモとソフトバンクは、auの3年遅れでセット割を始めた。

携帯・スマホのセット割の歴史まとめ

おまけ:今後はどうなる?セット割

携帯・スマホのセット割はau(KDDI)が始めた!

そもそもセット割は、au(KDDI)が元祖の割引サービスです。

ライバル会社であるドコモやソフトバンクが2015年頃からようやくセット割を提供し始めたのに対して、 auは2012年からセット割のauスマートバリューをスタートしています。

au(KDDI)はなぜ、他社より3年も前にセット割を提供できたのでしょうか。
実際の理由は定かではありませんが、このようなことが考えられます。

・NTTの強力なシェアを崩すため
現在は少しずつ状況は変わりつつありますが、NTTグループのシェアは圧倒的です。 光回線はNTT東日本が提供するフレッツ回線が約6割を占め、携帯電話ではNTTドコモは約5割のシェアを持っています。

そんな圧倒的なシェアを崩すために、auがとったのが光回線と携帯・スマホのセット割だったのです。 詳細は後述していますが、当時この施策を獲れたのはauのみでした。

・お客さんの囲い込み
現在は、光回線も携帯電話も非常に高い普及率です。そのため、お客さんを他社から奪うのが顧客獲得のメインの手段であるといっても過言ではありません。

高額キャッシュバックなどでお客さんを勧誘し、他者から奪い取るのはよくある手段です。光回線+携帯・スマホのセット割は、そんな他社からの攻撃に対して大きな防御力を発揮します。セット契約にすることで「やめづらくさせている」のです。光回線と携帯電話の両方を変えなくてはいけなくなると、すごく大変です。

セット割のauスマートバリューには、そんな優れた点もあったのです。

・回線と携帯電話を持っていて自由なのがauだけだった
当時、光回線と携帯電話回線の両方を持っている会社は、NTTドコモとau(KDDI)だけでした。 そのため、2社がセット割を提供できる状況にあったのですが、NTTドコモはNTT法の縛りによってセット割を提供できませんでした。

そんな状況の中、東京電力の光ファイバー網を持っていたau(KDDI)は唯一セット割を提供できるおいしい立場にいたのです。利用者からしても料金が安くなるセット割は、非常に魅力的だったため、セット割をすることでauは大きくシェアを伸ばすことに成功したのです。

ドコモとソフトバンクは、auの3年遅れでセット割を始めた。

ドコモは、auに遅れること3年の2015年からスマホのセット割を始めました。

ドコモが3年も遅れた理由は、NTT法の規制があったからと言われています。
NTT法は、非常に巨大なグループ企業のNTTに様々な制約を課す法律です。その法律のおかげでフレッツの光回線を持っていたNTT東日本と、NTTドコモはグループ企業同士のセット割引禁止で動けなかったのです。

そんな苦境に立たされたドコモは、光コラボの登場でようやくセット割を提供できるようになりました。 光コラボによって、NTT東日本が様々な企業に光回線を卸すようになり、NTTドコモも光回線を卸して再販している、という立場になったことでようやくスマホのセット割ができるようになったのです。

ドコモがやっと始めたセット割ですが、auやソフトバンクに比べて割引金額が低かったり、料金プランがわかりづらいので、あまり人気はないようです。KDDIの田中孝司社長も、NTTドコモがセット割を始めた当初のインタビューで「ドコモはセット割を提供しても、(auには)すぐに追いつけない」と、あまり焦っていない様子がニュースで紹介されました。

光コラボやセット割ができたのは、ある意味au(KDDI)のおかげ、と言えるかもしれません。

●ドコモのセット割に関する記事

ドコモ光の光セット割 複雑なドコモ光セット割を超解説!高額割引を確実に受けるには?! ドコモ光セット割、ずっとドコモ割プラスは、ドコモのセット割サービスです。ドコモは使っている期間が長かったり、dポイントの獲得状況によって高額割引を受けられますが、果たしてどのようなセット割になっているのでしょうか?このページでは、複雑なドコモセット... 2019-11-22

●ソフトバンクのおうち割光セットの関連記事

おうち割光セットって何 ソフトバンク光やNURO光で受けられる、おうち割光セットって何?割引金額はいくら? ソフトバンク光やNURO光では、おうち割光セットが受けられます。ソフトバンク携帯・スマホの料金が割引になるおうち割光セットは、具体的にはいくらの割引になるのでしょうか?このページでは、おうち割光セットの割引金額、注意点、結婚前の同棲やルームシェア友達... -0001-11-30

携帯・スマホのセット割の歴史まとめ

■携帯・スマホのセット割の歴史まとめ
・セット割の元祖はau(KDDI)
・au(KDDI)は、セット割でNTTのシェアを崩すきっかえになった
・NTTドコモやソフトバンクは、auから3年遅れでセット割を始めた

au(KDDI)はセット割をうまく活用してシェアを伸ばしたのですね。
セット割の弱点として、3年目以降の割引金額が低くなるのでそこを解決するともっとうれしいですね。

おまけ:今後はどうなる?セット割

最近は、ネット回線+携帯・スマホ以外のセット割も始まっています。

例えば、電気やガス、保険など多様なサービスでセット割が当たり前になりつつあるので、今後はau(KDDI)が家や車(スマートホームやコネクティッドカー)を売るような時代が来るかもしれません。

なお、auスマートバリューは、別記事「auスマートバリューは、同棲やルームシェアでもOK?」でも解説している通り、条件さえ満たせば同棲やルームシェアといった場合でも割引可能です。

auスマートバリューの割引
▲auスマートバリューの割引によって、
年単位で万単位の割引を受けることも可能。

auスマートバリューを利用できるサービスの筆頭はauひかりです。 特に家族みんなでau携帯・スマホを利用している場合は、auスマートバリューで年間万単位の割引を受けることもできます。

前から気になってたけど、今のネット回線だとセット割できない」という場合は、別記事「【2019】auひかりキャンペーン比較!」を参考にauひかりをはじめとしたauスマートバリューを利用できるネット回線に乗り換えするのがオススメです。

auひかりキャンペーン比較 【目利き厳選】auひかりキャンペーン比較!今月の最強キャッシュバックは? auひかりの最新キャンペーン・キャッシュバック情報を比較しました。auひかりは高額キャッシュバックや豪華特典を狙えますが、いつまで経ってもキャッシュバックを受け取れないような詐欺まがいの悪質キャンペーンも少なくありません。このページでは、数多くのキャ... 2019-11-08

関連記事
--> auスマートバリューは元祖セット割!携帯・スマホのセット割の歴史! auスマートバリューは、セット割の元祖と言えるサービスです。今やドコモやソフトバンクでも当たり前のように存在しているセット割は、実はau(KDDI)の戦略から生まれました。この...
So-netってどんなプロバイダー?老舗So-netの歴史+αを大解剖! So-netは2017年で設立から22年のSONYが運営するプロバイダーです。長い歴史がるため名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。このページではSo-netのサービスや評判、...