1. ホーム
  2. auひかり
  3. auスマートバリューは同棲やルームシェアでも使える?

auスマートバリューは、同棲やルームシェアでもOK?適用条件をauに聞いてみた。

auスマートバリューは、同棲やルームシェアでも使える?

au携帯・スマホのセット割、auスマートバリュー。

別記事「auスマートバリューのすべて!」でも解説している通り、auひかりやSo-net光といったネット回線+au携帯・スマホをセット契約していると受けられる割引です。

毎月の携帯・スマホの料金が安くなるため、ぜひとも活用したいところですが、恋人との同棲や、友達とのルームシェアではauスマートバリューは使えるのでしょうか?

auスマートバリューは、ネット回線+携帯・スマホのセット割

まずは、おさらいとしてauスマートバリューの解説です。

au携帯・スマホの月額料金を毎月550~1,100円×家族分割引

auスマートバリューでは、au携帯・スマホで加入しているデータ通信プランに応じて550~1,100円×家族分の割引を受けられます。

少し複雑ですが、プランに応じた割引金額を一覧表にまとめました。

■auスマートバリューの割引額
データプラン 割引額
auデータMAXプラン
(PRO/Netflixパック)
auフラットプラン
(25・20N・7プラスN)
1,100円
新auピタットプランN ~1GB:対象外
1~7GB:550円
auピタットプランN(s) ~2GB:500円
2~20GB:1,100円

ボリュームが多いので、「自分だったらいくら割引になるの?」となるかもしれませんが、例えばauスマホでauフラットプランに加入している場合、auスマートバリューの割引金額は毎月1,100円になります。

家族分も最大10回線まで割引

auスマートバリューでは、家族分の割引も受けられます。
最大10回線まで割引を受けられるので、ものすごい大家族でもない限りは、ほとんどの家庭で家族全員分の割引を受けることができるるでしょう。

auスマートバリューの家族割
▲家族が割引を受けるには条件がある。
条件を満たしていないと、割引適用外。

auスマートバリューの家族分の割引は、適用条件があります。
自分が「この人は家族!」と思っていても、auスマートバリューのルール上の条件を満たしていない場合は家族割引を受けられません。

では、auスマートバリューの家族割引のルールはどうなっているのでしょうか?

auスマートバリューは、同棲やルームシェアでもOK?をauに聞いてみた。

auスマートバリューは、家族分の割引も受けられます。
しかし、どこからどこまでが『家族』として割引を受けられるのでしょうか?

例えば恋人との同棲や友達とのルームシェアは家族になるのでしょうか?

auスマートバリューの家族割の適用条件について、au(KDDI)に聞いてみました。

auスマートバリューの適用条件は『同じ住所に住んでいる』こと

auの回答は、auスマートバリューの適用範囲は『同じ住所に住んでいること』でした。

ストレートに「同棲やルームシェアでもauスマートバリューは利用可能ですか?」と聞いてみたところ、auからの回答は「契約者と同じ住所なら適用OK」という回答でした。

auスマートバリュー家族割
▲メインの契約者と住所が一緒なら、
同棲やルームシェアでも割引を受けられる。

家族の割引を受ける場合、ポイントとなるのが割引を受けたい家族の住所です。
ネット回線+携帯・スマホの契約者の住所と、割引を受けたい家族の住所が一緒であれば、血縁・法律上の繋がりは関係なく、家族として割引を受けることができます。

そのため、割引を受けたい家族の住所さえ合わせていれば、同棲やルームシェアの場合でもauスマートバリューの割引を受けることができるでしょう。

50歳以上の家族なら、別住所でも家族割引を受けられる

auスマートバリューの家族割引は、ネット回線+携帯・スマホの契約者と住所が一緒であることがポイントとなりますが、例外ルールも存在します。

それは、『50歳以上の家族なら別住所でもOK』というルールです。

例えば、離れて住んでいる実家の両親のau携帯・スマホの割引を受けたい場合に、こういったルールが活躍するでしょう。

登録住所が更新されていないと、適用NGになる可能性があるので注意!

同棲やルームシェアに限らず、auスマートバリューを受けるうえで気を付けたいのが登録住所です。

引っ越しで住所が変わった際などにネット回線と携帯・スマホの登録住所がズレてしまったりすると、『同一住所ではない』とジャッジされてしまい、auスマートバリューが適用NGとなる可能性があります。

auスマートバリュー住所変更
▲引っ越しで住所が変わった際には、
早めに住所変更をしておくのが無難。

既にauスマートバリューを使っているような場合はそういったことになりづらく、また、登録住所の確認・変更は「My auご契約情報ページ」などからすぐにできるため、いきなり『登録住所が更新されていないので、auスマートバリューは適用できません』といった事態にはならないハズですが、登録情報が変わった際は更新しておいた方が無難でしょう。

LGBTのカップルでもauスマートバリューは適用できる?

auスマートバリューは、LGBTのカップルでも適用できるのかauに聞いてみたところ、当然「同一住所なら家族扱いになるので条件を満たしてれば適用OK」という回答でした。

また、あまり活用する機会はないかもしれませんが、各自治体が発行(発行していない自治体もあり)する『パートナーシップ証明書』も家族関係を示す証明に使えるそうです。

パートナーシップ証明書
▲あまり使う機会はないかもしれないが、
パートナーシップ証明書も証明に使える。

現在のルールだと、血縁上・法律上の家族であることを重視していないため、とにかく『メインの契約者と同一住所に住んでいる人=家族』と条件を満たしていれば、家族の形に関係なく割引を受けられるでしょう。

まとめ:auスマートバリューは同棲やルームシェアでも使える?

このページでは、auスマートバリューの家族割引の適用条件を解説しました。

家族割引の適用条件をau(KDDI)に確認してみたところ、ポイントとなるのが『ネット回線+携帯・スマホの契約者と同じ住所に住んでいる』ことです。

このポイントを押さえていれば、彼氏や彼女との同棲でも、友達とのルームシェアでも関係なくauスマートバリューの家族割引を適用できます。

また、例外ルールとして離れて住む50歳以上の家族も家族として割引を適用可能です。
さすがにまったくの赤の他人を家族として申請すると客観的に家族とわかる証明(例:戸籍謄本)などを求められる可能性がありますが、実家の両親のau携帯・スマホを割引したい場合には、こういった例外ルールを活用できるでしょう。

家族でau携帯・スマホを使っているなら、auスマートバリューはマスト!?

特に家族でau携帯・スマホを利用している場合、auスマートバリューは強力な割引になる可能性があるため、活用することをオススメします。

例えば、4人家族でauを使っている場合。
auスマートバリューで割引を受けると、以下のような感じになります。

■auスマートバリューの割引例
 
加入プラン
割引金額
データMAXプラン 1,100円
フラットプラン25 1,100円
新auピタットプラン 550円
auピタットプランN(s) 1,100円
合計
3,850円の割引

1回線当たりの割引は550~1,100円あり、合計すると毎月3,500円の割引です。

毎月3,850円以上割引されれば、それなりに大きい金額に感じられるのではないでしょうか。
1年間で3,850円×12ヶ月=46,200円の割引、2年間であれば46,200円×2年間=92,400円の割引を受けられることになります。

auスマートバリューの割引金額例
▲家族でau携帯・スマホを使っているなら、
年単位で8万円超の割引を受けられる。

auスマートバリューは、 auひかり をはじめとしたサービスで受けられます。
家族でau使っているし、セット割を活用したいな…」と考えていて、自宅のネット回線がauひかり以外を使っている人は、別記事「【2022】auひかりキャンペーン比較!」を参考に、auひかりに乗り換えを検討してみるのがオススメです。

auひかりキャンペーン比較 【目利き厳選】auひかりキャンペーン比較!今月の最強キャッシュバックは? auひかりの最新キャンペーン・キャッシュバック情報を比較しました。auひかりは高額キャッシュバックや豪華特典を狙えますが、いつまで経ってもキャッシュバックを受け取れないような詐欺まがいの悪質キャンペーンも少なくありません。このページでは、数多くのキャ... 2022-11-24

auスマートバリューを利用するならどこの回線?

auスマートバリューを適用するには、auスマートバリューを適用できる光回線に申し込む必要があります。

多くの光回線でauスマートバリューが利用できますが、回線によって料金などのサービス内容が違うのでしっかり検討することが必要です。

また、キャッシュバックなどの特典も、回線によって大きくことなるでしっかりと確認しましょう。
ここではauスマートバリューが利用できる回線の中でも評判が良いものを紹介します。

 
オススメ回線 月額料金 特典内容 申し込み
auひかり

戸建:980円~
集合:980円~

★初年度基本料金980円/月
戸建:5,610円⇒980円
集合:4,180円⇒980円

★キャッシュバック
戸建:14,154円
マンション:17,222円

公式ページ
So-net光プラス 戸建:6,138円
集合:4,928円
キャッシュバック
最大50,000円
公式ページ
ビッグローブ光 戸建:5,478円
集合:4,378円
キャッシュバック
0円
公式ページ
eo光 戸建:5,448円
集合:3,876円
総額還元額
34,000円
公式ページ

まずはKDDI直下のauひかりを検討してみるのが良いでしょう。

検討する順番としてオススメなのは以下の通りです。

  1. auひかり
  2. So-net光プラス (光コラボ)

auひかりは70%以上の地域で利用できますが、関西や東海など一部地域では使うことができません。
そういう人は、So-net光プラスを検討するのが良いでしょう。

まずはauひかりが使えるか、もし使えるのであれば、できるだけキャンペーンがお得な窓口から申し込みをするようにしてください。

業界トップの還元額!auひかりを申し込みするなら?

auひかりの申し込みはKDDIの公式、プロバイダ、代理店から申し込みができます。
どこから申し込みをしても回線の品質や料金体系に違いはありません。

なので、申し込みをする場合の判断は、その窓口が実施しているキャンペーン内容でしょう。
auひかりの場合、業界でもトップクラスの還元額を誇るSo-netからの申し込みがもっとも人気です。

Sonetauひかりキャンペーン

キャンペーン内容 月額料金
戸建:初年度980円
⇒総額63,541円
マンション:初年度980円
⇒総額49,252円
キャッシュバック
戸建:14,154円
マンション:17,222円
ひかり電話 追加キャッシュバックなし
有料オプション 加入は任意
その他特典 ・セキュリティ12ヶ月無料
・PCサポート12ヶ月無料
キャンペーン合計 戸建:77,695円
マンション:66,474円
キャンペーン期間 2022年11月1日~11月30日
公式ページ So-net×auひかりキャンペーン

So-netでは、非常に強力なキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの内容は高額なキャッシュバックと2年~3年の長期月額割引です。

■auひかり×So-netのキャンペーン
キャンペーン 戸建てタイプ マンションタイプ
キャッシュバック 14,154円 17,222円
月額料金割引 総額63,541円 総額63,541円

合計すると、戸建てタイプで77,695円、マンションタイプで66,474円の還元額です。

ネットの申し込み時にもらえるキャッシュバックの相場は40,000円くらいでしょう。
auひかり×So-netのキャッシュバックは、相場と比べてもかなり高額です。

さらに、キャッシュバックだけでなく、auひかり×So-netでは月額料金割引を実施しています。
戸建てタイプで3年間、マンションタイプで2年間という長期間に渡る割引です。

インターネットは申し込みをしてすぐに解約する人はすくないでしょう。
2年~3年間の長期間におよぶ月額料金割引は非常にうれしい特典だと言えるでしょう。

また、キャッシュバックの受け取りは簡単な手続きで済みます。
So-netは独自のキャッシュバックシステムを構築しているので、複雑な手続きはありません。

代理店やプロバイダによっては、キャッシュバックを受けとるための手順を複雑にして、貰い忘れを狙っているようにしか思えない場合もあります。

しかし、auひかり×So-netでキャッシュバックを受けとるのは簡単です。

キャッシュバックの受け取りが可能な期間になると、So-netからメールが送られてきます。
そのメールに記載された手順に従って、キャッシュバックを受けとるための銀行口座を登録すれば、早ければ即日に振り込みされる仕組みです。

月額料金割引に関しては、auひかり×So-netから申し込みをすれば自動的に適用されます。

「できるだけお得にauひかりを使いたい!」

と、いう人はまずauひかり×So-netを検討してみるのが良いでしょう。

auひかりが使えない場合は光コラボを考える

auひかりは全国の70%で利用できますが、関西エリアや東海エリアでは使えません。

もしもauひかりが使えない地域にお住まいの人は、光コラボを検討するのが良いでしょう。
光コラボというのは、フレッツ光の設備を使ったサービスで、日本全国の94%以上の地域で利用できます。

光コラボの中でauスマートバリューが使える回線も多いです。
中でもSo-net光プラスは、auスマートバリューが使える回線の中でも、人気があります。

So-net光プラス公式ページ

回線速度 最大1Gbps
月額料金 戸建:6,138円
マンション:4,928円
キャンペーン 最大50,000円
※転用・事業者変更は50,000円
セット割 au携帯/スマホ
キャンペーン期間 2022年11月1日~11月30日
公式ページ So-net光プラス 公式ページ

So-net光プラスは公式ページから申し込みを行うことで、最大50,000円のキャッシュバックがもらえます。

So-netはSONYのグループ会社で、老舗プロバイダです。
信頼度は抜群で、申し込み時や申し込み後に面倒なトラブルに巻き込まれる心配もないでしょう。

auスマートバリューがいらないなら…

最近では、auではpovo、docomoならahamoのように格安のスマホプランが登場しました。

他にも格安SIMのようにスマホを安く利用できるプランがたくさんあります。
そのようなプランの場合、光回線とのセット割が使えないことが多いです。

もし、auスマートバリューを利用しない場合はセット割がなくても元々料金が抑えられている光回線を利用しましょう。

オススメとしては、すでに紹介しているSo-net光プラスの格安版ともいえる So-net光minico です。

minicoキャプチャ画像

回線速度 最大1Gbps
月額料金 戸建:4,500円
マンション:3,400円
特徴 工事費実質無料
定期契約なし(縛りなし)
セット割 なし
公式ページ So-net光minico 公式ページ

So-net光minicoの月額料金は業界の中でもトップクラスでも安いです。

「そんなに安いなら、なにが裏があるのでは?」

と思いますが、So-net光minicoが安いのは以下の点が理由でしょう。

■So-net光minicoが安い理由

  • auスマートバリューに加入できない
  • 混雑時に速度制限がかかる可能性あり

auスマートバリューが使えない代わりに、月額料金が安くなっているのは納得できるでしょう。
すでに月額料金が安いのでセット割なしというわけです。

また、So-net光minicoは混雑時に速度制限がかかる可能性があります。
絶対ではありませんが、夕方~夜のようにネット利用者が多い時間帯はもしかしたら速度が遅くなることがあるので注意してください。

「ネットをできるだけ安く使いたい!」

auスマートバリューが使えなくても問題ない、格安プランや格安SIMを使っている人は、So-net光minicoを検討してみても良いでしょう。

■詳細ページ: So-net光minico公式ページ
関連記事
auひかり撤去費用28,800円 auひかりは解約に28,800円かかる!?完全無料にする3つの方法!
auひかり
auひかりのホームタイプを解約する際には、撤去費用として28,800円が発生します。徴収が発表された際には物議をかもした高額なauひかり戸建タイプの撤去費用ですが、絶対に負担し...
au光の提供エリア、au光が使えない地域 auひかりの提供エリア確認方法!対応エリア外だったらどうする?
auひかり
auひかりは光ファイバーを利用した高速回線です。物理的な回線のため提供エリア外では利用できません。また地域によっては今後提供する予定の無いエリアも存在します。このページ...
auキャッシュバックいつもらえる? auひかり最速キャッシュバック&特典比較!早くもらえるキャンペーンはどれ?もらえる時期まとめ
auひかり
最速でもらえるauひかりのキャッシュバックやキャンペーン特典は、いつもらえるのでしょうか。このページでは早くもらえるauひかりのキャッシュバック・キャンペーン特典の受け取...
光コラボとauひかりの比較 光コラボとauひかり、どっちにするか迷う…両方のメリット比較まとめ
auひかり
光コラボとauひかりは、どちらも人気の光回線です。速度、料金、割引、キャッシュックキャンペーンで比較したときに、どちらが良いと言えるでしょうか。同じように見えても実はち...
auスマートバリューの割引を解説 auスマートバリューのすべて!適用条件と家族割引について完全解説!
auひかり
auスマートバリューの割引金額、適用条件、家族割について解説しました。ネット回線とau携帯・スマホをセット契約すると受けられるauスマートバリューですが、「自分はいくらの割...