トップへ戻る
トップauひかり>auひかりのテレビサービス

auひかりで「テレビ」を見るには?地デジ対応方法と、テレビサービス解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、テレビ(地デジ放送)を見るのに光回線を使ったサービスが存在します。

フレッツ光や光コラボで利用できる「ひかりTV」が代表的なサービスですが、auひかりではそのようなサービスは提供されているのでしょうか。

■目次

auひかりのテレビサービス

auひかりで地デジを見る2つの方法

まとめ

auひかりのテレビサービス

auひかりでは、テレビや動画が見られるサービスを2つ提供しています。

1つは動画配信サービスのauビデオパス。
もう1つは、最大43の専門チャンネルが見られる、auテレビサービスです。

毎月562円で動画見放題:auビデオパス

auビデオパス

auビデオパスは、月額562円で利用できる動画配信サービスです。
映画、ドラマ、アニメが見放題で、最新映画も追加料金を支払うと見ることができます。

また、auビデオパスに入会すると、TOHOシネマズの映画館で、毎週月曜日に映画を1,100円で見ることができる特典も付きます。

好みに応じて選べる:auテレビサービス

auテレビサービス

auテレビサービスは、最大43の専門チャンネルが見られるテレビサービスです。

インターネットを介してテレビで見ることができ、映画、スポーツ、アニメ、音楽、ドラマ、バラエティ、ニュース、ドキュメンタリーなど様々な番組が見られます。

視聴できるチャンネルによって料金プランが設定されており、634円~1,980円の月額料金+セットボックスのレンタル料500円で利用が可能です。

auテレビサービスの月額料金
料金
プラチナセレクト
(43チャンネル)
1,980円
ミュージックセレクト
(4チャンネル)
634円
プレミアム
(1チャンネル)
1,000円~
セットトップボックス
レンタル
500円

セットトップボックスにHDDレコーダーを接続すれば、番組録画も可能になります。

ケーブルテレビや衛星放送を契約するよりもリーズナブルな料金で、色々なチャンネルが楽しめるため、テレビ好きな方にオススメのサービスと言えるでしょう。

どちらも魅力的だけど…テレビ(地デジ)が映らない

auビデオパスと、auテレビサービスはそれぞれ魅力あるサービスですが、残念なことに普通のテレビ放送(地デジ)を見ることができません。

仕様上、見ることができないため、地デジを見たい場合は、別の手段で見られるようにしなくてはいけないのです。

auひかりで地デジを見る2つの方法

フレッツ光や光コラボの場合、光回線で地デジ放送が見られる「ひかりTV(月額1,500円~)」がありますが、auひかりでは、光回線でテレビ(地デジ放送)が見られるサービスは提供していません。

そのため、auひかりを利用している環境でテレビを見るには、以下の2つの方法があります。

方法1:UHFアンテナの設置

まずは、屋根などにUHFアンテナを設置して見る方法です。

アンテナ設置は初期費用や設置の手間がありますが、一度設置してしまえば、壊れたりしない限りは追加料金なしでずっと使えます。

マンションなどの集合住宅の場合は、共同アンテナが設置されていることが多いため、壁についているアンテナコンセントにケーブルをさせばテレビが見られるでしょう。

アンテナの設置費用
料金
UHF/BSアンテナ代 3,000円~
設置工事 10,000円~
※自分でやれば0円

アンテナの設置費用は、アンテナ本体が3,000円~で、設置工事費は自分でやれば無料ですが、頼んだ場合は10,000円ほど必要になります。

方法2:ケーブルテレビに加入

賃貸などの場合でアンテナ設置が難しい場合や、周りに高い建物が多くテレビの電波の入りが悪い場合はケーブルテレビに加入する方法もあります。

ケーブルテレビに加入すると、地デジ放送やBS放送、各種専門チャンネルなどが見られるようになります。

ケーブルテレビにかかる費用
(JCOMの場合)
料金
初期費用 設置工事費:6,000円
事務手数料:3,000円
月額費用 5,280円~

ただし、導入には設置工事が必要だったり、専用チューナーなどが必要です。 初期費用は、ケーブルテレビの会社によって変わりますが、有名どころとしてJCOM(ジェイコム)なら設置工事費6,000円+契約手数料3,000円になります。

月額料金は、JCOMの78ch見られるプランで5,280円です。

JCOMの月額料金は、auひかりと同じくらいの料金となるので、よっぽどテレビを見たい人でないと少し高い料金と言えるかもしれません。

実際に見たいのは、映画やドラマだけという場合には、auビデオパスやNetflix、Huluなどの動画配信サービス(いずれも月額1,000円前後)を利用するのがオススメです。

まとめ

ここまでの情報をまとめると以下のような感じになります。

■まとめ

  • auひかりには、動画を見られるサービスが2つある
  • どちらのサービスもテレビ放送(地デジ)は見られない
  • auひかりでテレビを見るなら方法は2つ。
    ⇒(1)アンテナを設置
    ⇒(2)ケーブルテレビ契約
  • 映画やドラマメインなら、動画配信サービスもありかも

環境によっては、何の問題もなく見られるテレビ(地デジ)ですが、人によっては環境構築が大変な場合もあるため、必要かどうかも含めて検討してみても良いかもしれません。

ちなみに、フレッツ光(光コラボ)のひかりTVサービスは光回線を利用しています。
悪天候時にも綺麗な映像で見られることを売りにしていますが、光ファイバーは地震などで切れてしまうこともあるため、災害に弱いとも言われています。

反面、アンテナ設置して電波を受信できれば災害時でもテレビは受信できるため、そういったことも視野に入れておくと安心でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
コミュファ光とauひかり比較
【東海限定】コミュファ光 vs auひかり、どちらがお得?料金や速度、キャンペーンの違い
auひかりプロバイダの変更方法
auひかりのプロバイダは変更可能?変更につきまとうリスクとは?!
auひかり電話
auひかり電話は、メリットがいっぱい!受けられるメリット・特典一覧
auでんきセット割
『auでんきセット割』って、auひかりの月額が安くなるの?お得なの?
au光の提供エリア、au光が使えない地域
auひかりの提供エリア確認方法!対応エリア外だったらどうする?