1. ホーム
  2. NURO光
  3. NURO光 for マンションは、4世帯未満になると強制解約?!

契約が4世帯未満になると、NURO光 for マンションは強制解約!?

NURO光 for マンションの強制解約

別記事「マンションで使えるNURO光は2種類!」でも解説している通り、マンションでNURO光を使いたい場合、『NURO光』と『NURO光 for マンション』のどちらかを使うことになります。

マンションで使うなら、名前的には『NURO光 for マンション』の方が良さそうな印象を持つ人も多いかもしれませんが、NURO光 for マンションは少しクセがあり、利用状況によっては提供終了(強制解約)になるかもしれません。

このページでは、NURO光 for マンションの強制解約について解説しました。

■目次

契約が4世帯未満になると、NURO光 for マンションは強制解約!?

NURO光 for マンションはリスキー?やめた方がいい?

『NURO光』と『NURO光 for マンション』の比較

まとめ:NURO光 for マンションは4世帯未満で強制解約!?

契約が4世帯未満になると、NURO光 for マンションは強制解約!?

NURO光 for マンションは、別記事「NURO光 for マンションは「特殊な条件」をクリアしないと契約不可!」でも解説している通り、同じマンション内で4世帯以上の申し込みがあれば利用できるサービスです。

では、仮に引越しや解約などによってNURO光 for マンションの契約が4世帯未満になってしまった場合、どうなるのでしょうか?

契約が4世帯未満になると提供終了(強制解約)になる

引越し、他社ネット回線への乗り換え、単純に解約…理由は様々ですが、契約世帯数が4世帯を下回ってしまった場合、NURO光 for マンションは強制解約となってしまいます。

NURO光 for マンションは、4世帯同時契約を求められる代わりに毎月2,090円~2,750円で利用でき、おおむね4,000円前後が相場のマンションタイプの光回線としては破格の安さで利用できるサービスです。

このような料金面での大きなメリットはあるものの、4世帯以上契約の約束は重く、その条件が満たされなくなった場合は、一定期間が経過したのちにサービス提供終了となってしまいます。

強制解約でも、違約金や工事費などは支払いが必要

万が一、契約世帯数が4世帯を下回り、NURO光 for マンションを強制解約となってしまった場合には、違約金+工事費の支払いが必要になります。

まず違約金については、3,850円です。
契約更新月でなかった場合は、1世帯あたり3,850円の違約金を支払う必要があります。

NURO光 for マンション違約金▲NURO光 for マンションは、強制解約と言えども
違約金+工事費の残債を支払わなくてはいけない。

そして、工事費は少し複雑です。
NURO光 for マンションの工事費は全部で66,000円となり、通常は2,750円×24ヶ月の分割で支払うことになりますが、分割分の2,750円は月額料金に含まれて請求されるため実質無料となります。

しかし、工事費を支払い終える前に強制解約となると、実質無料ではなくなります。
例えば、工事費の残債が33,000円残っている状態で強制解約となった場合、33,000円の工事費の残債を3世帯で支払うことになるので、1世帯あたり11,000円を負担することになるのです。

NURO光 for マンションはリスキー?やめた方がいい?

ここまで、強制解約やら違約金やら…嫌な話ばかり書きましたが、実際にNURO光 for マンションはリスキーなサービスなのでしょうか?

なぜ、契約が4世帯未満になると強制解約になる?

そもそもNURO光 for マンションが4世帯以上の加入を契約条件にしているのは、『安い月額料金でサービスを提供するため』です。

NURO光 for マンションは、契約世帯数が多いほど月額料金が安くなります。

■NURO光 for マンションの月額料金
  月額料金
4~6世帯 2,750円
7世帯 2,640円
8世帯 2,530円
9世帯 2,420円
10世帯 2,090円

一般的なマンションタイプの光回線の月額料金は4,000円前後になるため、2,090円~2,750円で利用できるNURO光 for マンションの月額料金は圧倒的な安さと言えるでしょう。

しかし、NURO光 for マンションも商売でやっています。
ユーザーが喜んでくれても、しっかりと採算が取れないと意味がありません。

そういった意味では、NURO光 for マンションの4世帯以上契約のルールは、採算を取る上で譲ることができないラインと言えるため、最低契約世帯数を下回ると強制解約をせざるを得ないのが実際のところでしょう。

これまで強制解約になった事例は、0件!

契約が4世帯未満になったら強制解約!』と言われると、自分は使い続けたくても強制解約になるかも…と不安に感じてしまう方も少なくないでしょう。

これまでNURO光 for マンションを強制解約になったケースはあるか、NURO光(So-net)に問い合わせたところ、『これまで強制解約になった事例は0件』という回答でした。

NURO光 for マンション強制解約▲これまで強制解約になった事例は0件。
今後も、強制解約になることはないかも?

NURO側では、万が一、契約世帯数が4世帯を下回ってしまった場合は、ポスターを貼りだしたり、管理会社や大家さんなどと協力して契約世帯を増やす努力をしているそうです。

そのため、現時点では強制解約に至るようなケース0件となっており、そういったNURO側の努力もあるため、NURO光 for マンションは安心して使い続けられると思って差し支えないでしょう。

色々めんどくさそう感はあるが、NURO光 for マンションはリスキーではない

契約するのに4世帯集めなくてはいけなかったり、最低契約世帯数を下回ると強制解約の可能性があったりするため、『NURO光 for マンション、色々めんどくさそう…』と感じてしまう人もいるかもしれません。

たしかに、NURO光 for マンションは、他の光回線サービスとは違う特殊な事情があり、誰もが『使いたいから契約する!』とはできない側面があります。

しかし、そういっためんどくささはあっても、圧倒的な回線速度や、他社よりも安い月額料金といった魅力もあり、強制解約については実際にそうなった事例もありません。

このページでは強制解約についての解説をしていますが、実際のところはNURO光 for マンションにはリスキーさはないと言えるのではないでしょうか。

それでも、契約世帯を集めるのが大変そうだしなぁ…という方の場合は、そのような制約のないNURO光を検討してみるのがオススメです。

『NURO光』と『NURO光 for マンション』の比較

NURO光 for マンションは、最安2,090円で使うことできる点が魅力ですが、契約するには4世帯以上集めなければならなかったりと、少しクセが強いサービスです。

他の住人と仲が良かったり、理事会や管理組合に提案しやすい立場にいれば問題ないかもしれませんが、自分以外の3世帯を勧誘するのは、基本的にはハードルが高いと言えるでしょう。

そのため、『NURO使いたいけど、勧誘とか無理…』という場合は、契約世帯数に関係なく使えるNURO光を利用するのもアリです。

では、NURO光 for マンションとNURO光はどのような違いがあるのでしょうか?

また、比較するとどちらのサービスが良いのでしょうか?

 
NURO光ロゴ
NURO光forマンションロゴ
 
NURO光
NURO光 for マンション
加入条件
加入条件なし
NURO光の設備導入済
または同じ建物で4世帯以上の申し込み
回線速度
下り最大2Gbps
月額料金
5,200円
2,090円~2,750円
キャッシュバック
45,000円
NURO光公式ページ の場合
最大20,000円
代理店ブロードバンドサービス の場合

速度は、光ファイバーを独占できる分、NURO光の方が速い

NURO光、NURO光 for マンションともに回線スペックは同じ下り最大2Gbpsです。

しかし、速度に関しては、NURO光の方が速い可能性が高いでしょう。
なぜなら、NURO光の場合、1本の光ファイバーを独占して使うことができるからです。

NURO光光ファイバー▲光ファイバーを独占できるNURO光は、
NURO光 for マンションより速度が出やすい。

NURO光 for マンションは、1本の光ファイバーを同じマンション内の契約世帯でシェアして使うことになるため、どうしても速度は落ちてしまうのです。

そのため、速度面についてはNURO光の方が有利で、速いスピードに期待できるでしょう。

料金は、NURO光 for マンションの方がはるかに安い

料金については、NURO光 for マンションの圧勝です。

NURO光 for マンションは、『同じマンションの契約者を4人以上集めなくてはいけない』という契約条件があるのものの、月額料金は2,750円で利用できます。

NURO光 for マンション月額▲NURO光 for マンションの方が
毎月2,000円以上も安く使えてしまう。

また、契約世帯が増えていけば、NURO光 for マンションの月額料金は加入世帯数に応じて割引されるため、最も安くて2,090円(※10世帯契約した場合)で利用することが可能です。

一方、NURO光は、光ファイバーを独占できるため速度は速いですが、月額料金は5,200円となり、NURO光 for マンションと比較すると2,243円~2,843円ほど割高となります。

キャッシュバックは、NURO光の方が1万円以上も高額

キャッシュバックは、NURO光の方が1万円以上も高額です。

NURO光の場合、 NURO光公式ページ で45,000円を受け取ることができますが、NURO光 for マンションでは 代理店ブロードバンドサービス の最大20,000円のキャッシュバックが限界となります。

NURO光のキャンペーン特典特典▲キャンペーン特典の金額や種類については、
NURO光の方が充実していると言える。

また、キャンペーン特典の種類についてもNURO光の方が充実しています。
キャッシュバック以外にも、PS4プレゼントや飛行機のマイルプレゼントなども選ぶことができるため、キャッシュバックやキャンペーン特典についてはNURO光の方が魅力的と言えるでしょう。


●NURO光のキャンペーン特典関連オススメ記事
【最新】NURO光キャンペーン特典比較2021!
全部で7種類も…!NURO光の公式キャンペーン特典を一覧で比べてみた!

まとめ:NURO光 for マンションは4世帯未満で強制解約!?

このページでは、NURO光 for マンションの4世帯未満になると強制解約になる話について解説しました。

NURO光 for マンションは、契約世帯数が4世帯未満になると強制解約となります。
しかし、今のところ『NURO光 for マンションを強制解約になった…(涙)』という話は聞いたことがなく、NURO光 for マンションのサポートに聞いてみても『これまで提供終了(強制解約)になった事例はない』という回答でした。

NURO強制解約▲これまで強制解約になった事例は0件。
強制解約は実質心配しなくても良いかも。

万が一4世帯を割ってしまった場合には、NURO側としても勧誘ポスターを貼りだすなどの加入世帯を増やす施策を積極的に行っているため、強制解約を不安に感じながらNURO光 for マンションを使う…という事態は心配しなくて良いでしょう。

ただし、NURO光 for マンションへの契約世帯を集めるわずらわしさや、光ファイバー共同で使うことで速度が落ちるのでは…と言った点が気になる方の場合は、戸建・マンションどちらにも対応したNURO光を契約した方が結果的に満足できる可能性が高いでしょう。

関連記事
NURO光の最高速度は意味がない? NURO光の超高速2Gbps(下り)は意味が無い?
NURO光
超高速インターネットとして知られているNURO光ですが、実際はネットワーク機器の影響で最大速度が1Gbpsに抑えられてしまいます。それでは最大2Gbpsの超高速回線であるNURO光に変...
NURO光とコミュファ光の比較 NURO光は静岡最強?東海で圧倒的な人気を誇るコミュファ光と完全比較!
NURO光
NURO光と静岡を含む東海エリアで圧倒的なシェアと人気を誇るコミュファ光を比較しました。速度、料金、キャンペーン特典で比較するとどちらが優れたサービスと言えるのでしょうか...
NURO光の引越し手続き NURO光の引越し情報まとめ|え!?引越しってそんなにお金かかるの?
NURO光
NURO光の引っ越し手続きはどうすればよいのでしょうか?お金はどれくらいかかるのでしょうか。NURO光の引越しについて情報をまとめました。NURO光は引越し先でも使えるかが重要で...
NURO光の問い合わせ窓口情報 NURO光の問い合わせ窓口まとめ|電話・メール・チャットの窓口情報
NURO光
NURO光の問い合わせ窓口情報をまとめました。電話、メール、チャット、LINE、FAXと様々なサポート窓口が用意されているNURO光のそれぞれの問い合わせ窓口を開設しています。また問...
スターキャット光 【NURO光よりすごい?】名古屋で使える2Gbpsの回線、スターキャット光とは?!
NURO光
名古屋限定の最大2Gbpsの光回線、スターキャット光について解説しました。最大2Gbpsの回線と言えばSo-netが提供しているNURO光が有名どころですが、愛知県にもNURO光と同じく2Gbps...