1. ホーム
  2. NURO光
  3. NURO光のダークファイバーって何?

NURO光はダークファイバーだから速い?そもそもダークファイバーって?

NURO光ダークファイバー

超高速の下り最大2Gbpsの回線速度を誇るNURO光は、NTTの持っている『ダークファイバー』を利用したサービスと言われています。

NURO光の下り最大2Gbpsの回線速度は、この『ダークファイバー』を使っているからこそ出る速度なのでしょうか?

このページでは、NURO光とダークファイバーの関係について解説しました。

■目次

NURO光の使っているダークファイバーって何?

NURO光は、ダークファイバーを使っているから速い?

まとめ:NURO光の使っているダークファイバーって何?

NURO光の使っているダークファイバーって何?

NURO光でも使われている『ダークファイバー』とは一体何でしょうか?

ダークファイバーは、使っていない光ファイバーのこと

ダークファイバーとは、使っていない光ファイバーのことです。

現在日本にある光ファイバーは、NTT東西や各地の電力会社が国の支援を受けたりして整備したものになりますが、一説によると、光ファイバーの稼働率は3割程度と言われているため、残りの7割は使っていない光ファイバー、ダークファイバーとして眠っています。

ダークファイバー
▲使ってない光ファイバーがダークファイバー。
逆に、使ってる光ファイバーはライトファイバー。

NURO光では、そういった眠っている光ファイバーである、ダークファイバーをNTT東西から借り受けてサービスを提供しているのです。

なお、ダークファイバーは使われていないこともあって、レンタル料金が安く抑えられると言われており、実際にNURO光の月額料金は、他社回線よりも最大1,000円程度安く設定されています。

なお、使われていて光が灯っている光ファイバーは、ライトファイバーです。
どちらもあまり一般的な言葉ではありませんが、使われているのか使われていないのかによって同じ光ファイバーでも呼び名が変わります。

NURO光は、ダークファイバーを使っているから速い?

ここまででNURO光とダークファイバーの関係について解説しました。
NURO光は、NTTの使っていない光ファイバー=ダークファイバーを使って提供されているサービスです。

NURO光は、ダークファイバーだから速いワケではない

NURO光のダークファイバーは、別に特別な光ファイバーではありません。

ただ単純に使っていない=明りが灯っていないので、ダーク(暗い)ファイバーと呼ばれているだけで、モノ自体は最大1Gbpsで提供されているフレッツ光や光コラボとまったく同じものになります。

NURO光の圧倒的な速度の秘密は、別記事「5分でわかるNURO光」でも書いていますが、従来の光回線よりも高速通信を可能とするGPON(ジーポン)という新技術を採用しているからです。

NURO光の回線速度イメージ
▲NURO光は新技術のGPONを採用しており速い。
ユーザー100人の平均速度は500Mbpsを超える。

GPONを採用することで、NURO光は他社を圧倒する回線速度を実現しており、別記事「NURO光100人分の平均速度データを大公開!」でも解析している通り、NURO光ユーザー100人の平均速度は500Mbpsを超えています。

超高速のNURO光ですが、今後もっと速くなる可能性を秘めています。
じつは、NURO光でも光ファイバーの持つポテンシャルを生かし切れているワケではなく、今後もっと技術が進歩すれば、更なるスピードアップも夢ではないのです。

光ファイバーは、今よりももっと高速通信が可能

現在の光ファイバーのネット回線は、光コラボやauひかりなどの全国的に普及しているサービスで最大1Gbps、速いものになるとNURO光の最大2Gbps(下り)や、NURO光10Gs・6Gs、auひかりV・Xといった最大10Gbpsのインターネット回線もあります。

現在のところ、ほとんどの人は最大2Gbps(下り)もあれば十分と感じられるでしょう。
最大10Gbpsの回線速度のサービスは、持て余してしまう方もいるくらいです。

しかし、光ファイバー自体は、じつは今よりもっと高速通信が可能と言われています。

少し古い情報になりますが、2011年3月に国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)が、光ファイバー1本で最大109Tbpsもの最大速度で通信できるマルチコアファイバーの通信技術を開発したと発表して、話題をさらいました。

NICTマルチコアファイバー
▲NICTの2011年の研究発表では、
109Tbpsもの回線速度が出ている

最大109Tbpsの回線速度は、Gbpsに換算すると約111616Gbpsとなります。
下り最大2GbpsのNURO光の5万倍以上もの回線速度が何年も前の研究で出せることがわかっており、現状、まだまだ光ファイバーのスペックを生かし切れてるとは言えないのです。

このNICTの研究技術はそのまま一般向けに転用されるかはわかりません。
しかし、近い将来、同様の技術を含めて広く一般の人でも利用できる形になる可能性は高いため、今後IoT(モノのインターネット)の普及や8K動画ストリーミングをはじめとした、高速回線を生かせるコンテンツが登場し高速回線の需要が高まれば、今の最大2Gbps(下り)~10GbpsのNURO光よりも高速なインターネット回線の登場には大いに期待できるでしょう。


●参考リンク:
情報通信研究機構|光ファイバ1本の伝送容量109テラビットの世界記録を樹立

まとめ:NURO光の使っているダークファイバーって何?

このページでは、NURO光が利用しているダークファイバーについて解説しました。

ダークファイバー自体は、明りの灯っていない光ファイバーのことです。
NTTは国の支援を受けて大量の光ファイバーを日本中に整備、そのうち使っていない光ファイバー(ダークファイバー)をSo-netが借り受けてNURO光を提供しています。

NURO光は超高速の回線速度を誇りますが、それはダークファイバーによるものではなく、従来の光回線よりも高速通信が可能となる新技術のGPONを採用しているためです。

そして、光ファイバーを使ったインターネット回線は今後も速くなります。
下り最大2Gbps~10Gbpsもの速度を誇るNURO光ですら光ファイバーが持つポテンシャルをまだまだ生かし切れておらず、今後の技術進歩やネット回線の速度が必要になるコンテンツの登場によって、更なる高速回線の誕生に大いに期待できるでしょう。


●NURO光の速度に関するオススメ記事

1番速いネット回線は? NURO光・auひかり・光コラボの速度を実測で比較!1番速いのはどこ? どこのネット回線が1番速いのか?が気になる方は多いでしょう。このページでは、NURO光・auひかり・光コラボ(フレッツ光)の速度を比較しました。平均速度、最高/最低速度/速度分布を300名分の速度計測データを元に分析、比較しています。果たして実際に速いネット回... 2021-05-13
NURO光の顧客満足度調査 NURO光は、顧客満足度調査で2年連続1位!なんで満足度が高いの? 超高速回線として有名なNURO光は、J.D.Powerの顧客満足度調査で2年連続1位を獲得しています。なぜそんなに満足度が高いのでしょうか?ヤラセの満足度調査で、実際は速度が遅かったりして顧客満足度は低いのではないでしょうか?このページでは、NURO光の顧客満足度の... 2021-05-15

関連記事
NURO光10Gs/6Gs ついにNURO光が北海道にも対応!2019年12月から道内の6市で受付開始
NURO光
2019年12月12日、NURO光が北海道でも受付を開始しました。NURO光は北海道初となる2Gbps以上の超高速回線です。今回はNURO光の提供エリア、料金、お得なキャンペーン特典情報などに...
NURO光10Gbpsサービス NURO光の10Gbpsサービス、利用に必要な3つの条件、提供エリアは?
NURO光
NURO光の10Gbpsサービスを利用するには3つの条件を満たさなければなりません。NURO光の10Gbpsサービスを契約するために必要な3つの条件と詳細な提供エリアについて解説しました。
NURO光でんわ NURO光でんわは、マストなオプション?!受けられる特典・割引まとめ
NURO光
NURO光でんわは、現在主流のIP電話サービスです。NURO光の有料オプションとして提供されているサービスで、加入すると、NTTの加入電話よりも安く利用できるなど様々なメリットがあ...
NURO光の無線LANとセキュリティ 速度だけじゃない!NURO光は、無線LANとセキュリティソフトが無料!
NURO光
最大2GbpsのNURO光は、料金も比較的リーズナブルなため、高い人気を誇ります。そんなNURO光では、他社回線で有料の無線LAN(Wi-Fi)機能やセキュリティソフト(カスペルスキー)などが...
スターキャット光 【NURO光よりすごい?】名古屋で使える2Gbpsの回線、スターキャット光とは?!
NURO光
名古屋限定の最大2Gbpsの光回線、スターキャット光について解説しました。最大2Gbpsの回線と言えばSo-netが提供しているNURO光が有名どころですが、愛知県にもNURO光と同じく2Gbps...