【完全版】So-net光コラボ解約ガイド|違約金、解約方法、注意点について

So-net光コラボレーションは、So-netが提供する光コラボレーションの回線です。

このページでは、So-net光コラボレーションの解約方法や違約金などの費用について、電話番号やメールアドレスについてなどSo-net光コラボレーションの解約についてのあらゆる情報をまとめました。

So-net光コラボレーションの解約にかかるお金

So-net光コラボレーションの解約時にかかる費用は、主に2種類あります。
1つ目は違約金。2つ目は工事費の未払い分です。それぞれの費用について解説します。

So-net光コラボレーションの違約金

So-net光コラボレーションには、申し込みから30ヶ月以内に解約すると違約金が発生します。

違約金の金額は、戸建でも集合住宅(マンション)でも一律で7,500円です。

■So-net光コラボレーションの違約金

金額
戸建タイプ 7,500円
マンションタイプ

また、So-net光コラボレーション自体にも最低利用期間として30ヶ月の定めがあるので、それより前に解約すると上記の違約金が発生してしまうので注意が必要です。

この違約金は、解約時に絶対に発生する費用ではありません。契約更新月にSo-net光コラボレーションを解約すれば、違約金はかからないのです。So-net光コラボレーションの初回の契約更新月は31ヶ月目になるので、そのタイミングで解約すれば違約金発生しません。

So-net光の契約更新月

▲So-net光コラボレーションの契約期間のイメージ。
初回は31ヶ月目に解約すれば違約金はかからない。

契約の更新月が近くなると、メールでSo-netからお知らせが届くので、それを目安に解約のタイミングを検討するのが良いでしょう。また、So-netマイページでも現在の契約状況を確認することができます。

So-net光コラボレーション、工事費の未払い分

So-net光コラボレーションの解約は、工事費の未払い分が残っていれば支払う必要があります。
So-net光コラボの工事費は、2,000円、9,583円、24,000円のいずれかが請求されます。この工事費は、9,583円と24,000円は30ヶ月分割で月に319円~800円の請求があります。

工事費は、長期契約をすることで請求分を丸ごと割引されるので、So-net光コラボレーションに契約している間は実際に支払いをするケースは少ないでしょう。いわゆる「実質無料」の状態です。
実際に払っていないと「工事費は無料」と考えてしまいがちですが、長期契約で丸ごと割引されているだけなので、実際にはしっかり請求されているのです。

そのため、工事費を完全に払い終える30ヶ月より前にSo-net光を解約すると、支払いが残っている分の工事費を一括で支払うことになります。

例えば、So-net光コラボレーションを24ヶ月目で解約した場合。工事費の支払いは残り6ヶ月分ある状態です。 24,000円の工事費を請求されているとすると、1ヶ月あたり800円の請求なので800円×6ヶ月=4,800円の工事費の未払い分を支払う必要が出てきます。
更に違約金の7,500円も発生するので合計で12,300円も支払う必要が出てくるのです。

■24ヶ月でSo-net光コラボレーションを解約した場合の違約金と工事費の請求例

解約にかかるお金
違約金 7,500円
工事費の未払い分 1ヶ月800円として4,800円
合計 12,300円

工事費が2,000円だった場合は、最初に一括で請求されます。
既に支払いを終えて、30ヶ月未満での解約をした場合は違約金のみの請求となるでしょう。

接続機器は返却しないと弁償のおそれが…

So-net光コラボレーションの接続に使用していた機器は、解約時に返却しなくてはいけません。誤って捨ててしまうと、弁償になる可能性も出てくるので注意が必要です。
So-net光のレンタル機器は以下のものがあります。

■So-net光コラボレーションのレンタル機器の例

  • ONU (回線終端装置)
  • ブロードバンドルーター
  • Wi-Fi クレードル
  • 電源アダプタ
  • LAN ケーブル

返却方法は、解約を申し出るとNTTから「レンタル機器回収キット」が郵送されてくるので、そこにレンタルした機器を入れて返送します。レンタル機器回収キットは、専用の紙袋や段ボール箱です。レンタルした機器を入れて、伝票を貼り返送します。

高すぎ!数万円もする解約金を0円にする方法

解約金を0円に

So-net光コラボレーションを解約する場合、以下の2つのお金がかかります。

■So-net光コラボレーションの解約金
金額
解約違約金
7,500円
工事費の残債
最大24,000円

例えば、契約から1年後(12ヶ月後)に解約した場合、違約金7,500円+工事費の残債14,400円=合計21,900円の解約金がかかることになります。

ユーザーの立場からすると、解約金は支払いたくないお金と言えますが、契約上のお金なので支払いが免除されることはありません。

しかし、So-net光コラボレーションの解約金は0円にすることが可能です。
以下の2つの方法で解約金を0円にすることができるので、特に高額な解約金がかかってしまう場合には、活用してみるのがオススメです。

解約金を0円にする方法(1):乗り換えサポートを活用

インターネット回線の中には、他社回線でかかった解約金を負担してくれる『乗り換えサポート』キャンペーンを提供している会社が存在します。

例えば、ソフトバンク光では、他社回線の解約金を最大10万円まで負担してくれる高額な乗り換えサポートを実施中です。


▲ソフトバンク光の人気代理店 アウンカンパニー
解約金負担10万円+56,000円のキャッシュバックもつく。

さらに、ソフトバンク光の場合、申し込み窓口によっては乗り換えサポート(最大10万円)の他に、高額キャッシュバックまで受け取れます。

例えば、ソフトバンク光の人気代理店 アウンカンパニー では、56,000円のキャッシュバックが受け取れます。

このように、乗換サポートを行っている回線に申し込みすれば、So-net光コラボレーションを0円で解約できる上に高額なキャッシュバックまでもらえてしまうのです。

解約金を0円にする方法(2):高額キャッシュバックをもらう

2つ目の方法は、So-net光コラボレーションを解約して他社回線に乗り換える際、高額なキャッシュバックをもらうことです。

So-net光コラボレーションの解約金は、最大限かかって31,500円です。

そのため、31,500円を超えるキャッシュバックをもらえれば、So-net光コラボレーションの解約金は実質0円になる上に、場合によってはプラスにすることも可能になります。

■高額キャッシュバックがもらえる回線
サービス名
月額料金
キャッシュバック
特典
auひかり×So-net
戸建:2,980円~
マンション:1,800円~
・0円のキャッシュバック
・月額料金の値引き
・セキュリティ12ヶ月無料
ソフトバンク光
(アウンカンパニー)
戸建:5,200円
マンション:3,800円
・56,000円のキャッシュバック
・他社解約金を10万円まで負担
WiMAX
(GMOとくとくBB)
7GB:3,609円
無制限:4,263円
・30,100円のキャッシュバック
・最新端末が無料でもらえる

3万円を超えるキャッシュバックがもらえる回線には、上記の窓口があるので、キャッシュバックを活用してみるのも有効な手段と言えるでしょう。

So-net光コラボレーションの解約はどこから?解約方法

So-net光の解約は、So-netのホームページから手続きできます。
So-netの退会手続きページにログインして、画面に従って手続きを行います。

So-net光コラボレーションの解約は、基本的に解約を申し出た月末で終了します。例えば、2017年1月中にSo-net光コラボを解約すると、契約は1月までになるという考え方です。

So-net光コラボレーションの解約に関する注意点

インターネット回線を解約する際に忘れがちなのが、電話番号やメールアドレスのことです。 残しておきたい場合は手続きをしないと消えてしまうので注意しましょう。

その他にも請求のことや、次の回線のことも考えておくのをおすすめします。

電話番号を残せる場合もある

電話番号は、NTTで発番したNTT加入電話の番号であれば他社でも継続して利用できます。 それ以外の電話番号は引き継ぐことはできません。

■電話番号が継続できる例
NTT加入電話(発番)⇒So-net光コラボ ひかり電話⇒○他社回線
NTT加入電話(発番)⇒フレッツ光⇒So-net光コラボ ひかり電話⇒○他社回線

■電話番号が継続できない例
So-net光コラボ ひかり電話⇒×他社回線

なお、他社で電話番号を継続して使用する場合は3,000円ほど費用がかかります。
・番号ポータビリティ工事費:1,500円
・ソフトバンク テレコム 交換機等工事費:1,000円

メールアドレスは残せる

So-net光を解約すると、基本的にメールアドレスは消滅してしまいます。
ただ、So-netが月額200円で提供している「モバイルコース」に加入すると、引き続きメールアドレスを利用する事が可能です。

So-netのアドレスを引き続き利用されたい方は、「モバイルコース」への加入を検討してみると良いかもしれません。

■参考リンク:メールアドレスや各種サービスの継続利用を希望される方

So-net光の解約に関する疑問集

So-net光コラボレーションの解約に関する簡易疑問集です。契約については、人によって細かい条件が変わってくるので確実なことはSo-netに確認することをおすすめします。

So-net光コラボレーション、最後の請求はいつ?

So-net光コラボレーションを解約すると、基本的には解約を申し出た月の月末で解約になります。
料金は、1月遅れで請求されるため、例えば2017年1月に解約すると、1月分の利用料金は、2017年2月に請求されることになります。

なお、So-net光コラボレーションでは日割り計算はしていません。月のはじめに解約して、その後利用がなくても1ヶ月分の料金を請求されるので解約のタイミングに気をつけましょう。

解約すると、いつからインターネットに繋がらなくなる?

インターネット接続は、解約を申し出た月の末日まで接続可能です。
例えば2017年1月に解約した場合は、2017年1月末までインターネットが接続でき、2017年2月になると接続できなくなります。

インターネットがない期間があると不便

現代の生活ではインターネット接続が無くなると非常に不便です。
それを避けるためには、解約の前に他社回線を申し込みしておくことをおすすめします。

So-net光コラボレーションからの乗り換えは、auスマートバリューが使えるauひかりがおすすめです。
auスマートバリューは、au携帯・スマホのセット割サービスで最大2,000円×家族分の割引が受けられます。

au携帯・スマホのユーザーであれば、引き続き割引も受けられるため、auひかりは有料候補の1つと言えるでしょう。

また、auひかりはキャッシュバックキャンペーンも充実しているので3万円を超えるキャッシュバックを受け取ることも可能です。
※auひかりのキャッシュバックについては、auひかり最新キャッシュバックキャンペーン比較2019で詳しく解説しています。
※So-net光コラボレーションのauセット割やキャッシュバックついては、So-net光コラボの高額キャッシュバックで解説しています。

関連記事
光回線とスマホのセット割はお得? 光とスマホのセット割は本当にお得?ソフトバンクやドコモ光を徹底解析
光コラボ
光とスマホとのセット割は必ずしもお得とは限りません。きちんと割引額や必要なオプションなどを確認せずに申し込むと、逆に月額料金が高くなってしまう可能性があります。このペ...
eo光のロゴ 関西で人気のeo光とドコモ光を比較!乗り換えるならどっちが良い?速度・料金・キャンペーンがお得なのは?
光コラボ
関西で人気のeo光ネットとドコモ光、乗り換えるならどちらが良いでしょうか?速度や料金、キャンペーンで比較しました。5ギガ10ギガのサービスもスタートしたeo光と、全国的に知名...
ソフトバンク光の引越し ソフトバンク光、引越し情報まとめ|違約金や工事費はかかる?
光コラボ
家を引越しをする際、ソフトバンク光はどのような手続きが必要なのでしょうか?費用はかかるのでしょうか?違約金や工事費などはどうなるのか?などソフトバンク光の引越しについ...
So-net光プラスauスマートバリュー So-net光×auスマートバリューの割引金額はいくら?割引を受けるための3つの条件とは?
光コラボ
So-net光ではauスマートバリューでセット割を受けられます。割引金額や家族割を受けるための条件をこのページで解説しています。au携帯・スマホ・タブレットを利用している人は必...
光コラボに契約するメリットは? 光コラボに契約するメリットは?業者ごとのちがいを、まるっと解説!
光コラボ
光コラボのメリットは何でしょうか?速度や料金、キャンペーンといった点にどのようなメリットがあるのか解説しました。フレッツ光はオワコンと言われていますが、実際問題フレッ...