1. ホーム
  2. 開通後の設定方法
  3. NTTルーターのPPPoE設定の変更

NTTルーターのPPPoE設定の変更

すでにNTTルーターへのPPPoE設定が完了している場合、設定ウィザードが利用できません。
プロバイダの変更などで、ルーターの設定の変更が必要な場合以下の操作が必要です。
初めて設定を行う場合は、NTTルーターへのPPPoE設定 をご覧ください。

使用している画像について、機器によって若干画面が違います。
基本的に設定方法は同じなのでご安心ください。


1.ブラウザを起動し、アドレスバーに、http://192.168.1.1 と入力します。
(中にはhttp://192.168.100.1 で接続するルーターもあります。)

管理画面アクセス

2.[Windows セキュリティ]画面が表示されます。
上段に user、下段に最初にご自身で決めたパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

Windows セキュリティ

3.[接続先設定]画面が表示されます。
[メインセッション]をクリックします。
(機器によっては[メインセッション]ではなく接続先名のみ表示されています。 その場合接続先名をクリックしてください。) 管理画面

4.設定の変更を行います。 プロバイダを変更する場合、[接続先名]はそのままでもかまいませんが、 分かりやすいように新しいプロバイダの名前を入れることをお勧めします。 (例 OCN, Biglobe等)

[接続先ユーザー名]および[接続パスワード]については プロバイダから届いた書類の中に接続先名とパスワードの記載があります。
正確に入力してください。
入力が終わったら[設定]をクリックします。

PPPoE設定

5.[Web ページからのメッセージ]画面が表示されます。
[OK]をクリックし、[接続先設定]画面に戻ります。
Web ページからのメッセージ

6.[接続先設定]画面に戻ります。
設定した接続先の[状態]が[接続]になっていることを確認します。

接続確認

7.[PPP]ランプの点灯を確認します。

点滅している場合、設定が上手くいっていません。再度やり直してください。
PPPランプ確認
関連記事
【危険】ネット回線業者の悪質&詐欺まがいの手口と、必殺の撃退法!
インターネット光回線の悪質業者の勧誘・営業はしつこく厄介です。このページでは、ネット回線の悪質業者が使う詐欺まがいの勧誘手口と、その撃退法について解説しました。無理や...
フレッツ光の工事方法・設定
フレッツ光の工事は大げさに見えて意外とあっさり終わってしまいます。しかし自宅へのダメージや追加料金など心配されている方も多いと思います。このページでは具体的な工事方法...
マンションタイプの配線方式
フレッツ光のマンションタイプではいくつかの配線方法があります。
【ひかり電話】ネット乗り換えで電話番号が変わらない絶対条件とは?
インターネット乗り換えで一番困るのが固定電話の電話番号が変わってしまう事です。番号ポータビリティを行うには条件があり、まれに電話番号を変更しなければなりません。このペ...
テスト用の記事
テスト用の記事