トップへ戻る
トップ>メールアドレスを残したい場合

プロバイダ変更でメールアドレスを残す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロバイダ提供のメールアドレスを使っている場合、インターネットサービスの乗り換えでメールアドレスが変わってしまうことがあります。
長年使っていたメールアドレスが突然変わってしまうと、知り合いにメールアドレスの変更を伝えたり、 利用しているサービスの登録情報を変更したりする必要が発生し非常に面倒な作業が必要になってしまいます。

このページではインターネットの乗り換えでメールアドレスが変わらない条件と、変わってしまう場合の対処方法をご説明します。

メールアドレスが変わらない条件

プロバイダが変わらない

基本的にメールサービスは各種プロバイダが提供を行っています。 そのため、インターネットの回線が変わったとしてもプロバイダが変わらなければメールアドレスを変更する必要はありません。

例えば、今までSo-net フレッツ光コースを使っており、auひかりに乗り換えたとします。 auひかりのプロバイダとしてSo-netを利用する事が出来るので、フレッツ光からauひかりに変更したとしても、プロバイダであるSo-netが変わらなければメールアドレスは変わりません。

プロバイダ提供以外のメールを使っている

最近はプロバイダが発行するメールはあまり使われなくなりました。 なぜかと言うと、プロバイダが発行するメールはパソコンに設定が必要だったり、プロバイダを変更する際、メールアドレスが変わってしまうなどのデメリットが多いためです。

そのため、最近ではYahooメールやGoogleのGmailなどを使っている人が圧倒的に増えてきています。
これらのフリーメールはプロバイダやインターネット回線をいくら乗り換えても、アカウントを維持することが出来るので、 メールアドレスが変わってしまう心配は全く要りません。

有料プランでメールアドレスを残す方法

上記で説明したようにメールアドレスが変わらない場合は問題ないのですが、プロバイダが提供しているメールアドレスを使っていて、 プロバイダを乗り換える場合、メールアドレスがどうしても変わってしまいます。

そんな場合、唯一メールアドレスを残す方法として、各プロバイダが提供しているダイアルアッププランに変更する事で、 メールアドレスだけ残すことが可能です。

ダイアルアップと言っても、利用するのはメールだけなので、通信料は一切かかりません。 定額の月額料金のみでメールアドレスを残す事が出来ます。

プロバイダ名コース名月額料金
OCNコミ・デ・プラン400
ぷららぷらコミ0200
Biglobe「ベーシック」コース200
@nifty@nifty基本料金250
so-net電話パック300
au one netミニミニコース250
WAKWAKプチ200
ODN「メール」コース200

プロバイダメールはすでに時代遅れ?いっそのことアドレスを変更しよう!

プロバイダが提供しているメールアドレスを使っている場合、どうしてもプロバイダの乗り換えでメールアドレスが変わってしまう問題が発生してしまいます。 上記で説明したようにダイアルアッププランに変更する事でメールアドレスだけ残す事も可能ですが、数百円とは言え月額料金がかかってしまうので、あまりおすすめできません。

事実、プロバイダが提供しているメールアドレスを使っている人はどんどん少なくなっており、最近ではほとんど見かけなくなりました。 それでも、今現在プロバイダ提供メールを使っている方は、いっそのことメールアドレスを変更することをおすすめします。

変更すると言っても再度、新しく契約するプロバイダで提供されるメールアドレスを使ってしまうと、将来的に乗り換えが発生した際、 またメールアドレスを変えなくてはなりません。 インターネットサービスは短い期間で大きな進化をとげるので、ずっと同じサービスを使い続けることはまず考えるべきではありません。 そのため、将来的にプロバイダは必ず変更する事態が訪れると考えるべきです。

ではどうすればよいかと言うと、プロバイダが関係ないフリーメールアドレスへの乗り換えをおすすめします。 有名なところだと、YahooメールやGoogleのGmail、マイクロソフトのHotmailなどのサービスがあります。

これらのフリーメールに乗り換えてしまえば、今後いくらプロバイダを変更する事態になっても、メールアドレスが変わる心配は無くなります。

フリーメールアドレスは不安?

YahooやGmailなどのサービスは無料で利用できます。 これらの会社はかなり大きな会社なので、潰れる心配はありません。

しかし、結局は無料で使えるサービスなので、何かトラブルが起きたときのサポートなどは一切ありません。 また、大きな会社だからこそ個人情報漏洩やウイルスなどの標的にされるリスクも高まってしまいます。

無料で使えるサービスはどうしても心配!って方は有料のメールサービスもあります。 特におすすめなのが独自ドメインを取得してしまう方法です。

ドメインとはメールアドレスの@マークより右側の文字列のことで、この部分を自分の好きな文字列でメールアドレスを作成することが出来ます。 通常のメールアドレスだと、@マークより左側部分は好きな文字列を指定できますが、右側のドメイン部分は全く選ぶことが出来ません。

好きな文字列@so-net.ne.jp ←ドメイン部分は選べない

独自ドメインだと、@マークの両側のどちらでも好きな文字列を選択できます。

(好きな文字列)@(好きな文字列)

また、利用するサービスにもよりますが、ドメインを1つ取得してしまえば、メールアカウントを複数取得することが出来ます。 そのため、ドメインを1つ作ってしまえば家族でそれぞれメールアドレスを独自に作成することが可能です。

また、独自ドメインでメールアドレスを作成するためにはドメインサービスとサーバーを契約しなければなりません。 安いドメインだと年間1,000円程度、サーバーは月額100から利用できます。

料金は当然かかってしまいますが、プロバイダのダイアルアッププランでメールだけを残すと、3,000〜5,000円程度かかってしまいます。 それと比べると独自ドメインでメールアドレスを発行してしまえば、年間で2,000〜3,000円程度でずっと利用する事が出来ます。

おすすめドメイン&サーバー
ドメイン系のサービスで一番大きな会社がGMOグループです。 国内のドメイン管理数ではおそらく最も多い会社でしょう。 GMOグループのサービスでも一番安いのがムームードメインとロリポップです。 通常ドメインやサーバーはWEBサイトを作成する人が使うサービスなので、メールアドレスだけの利用であれば、最も安いサービスでも全く問題ありません。

このムームードメインでドメインをまず取得し、ロリポップのサーバーでドメインを利用する形になります。 そのため、ムームードメインとロリポップの両方の契約が必要です。

ムームードメイン ドメイン年間499円〜

ロリポップ 月額100円〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事 実録!ネット犯罪の恐怖!ネットに繋ぐなら、セキュリティソフトは必須! Windows XPのPPPoE設定 フレッツ光の開通後の接続設定方法 マンション住まいで光ファイバーが導入されていない場合 NTTルーターのPPPoE設定の変更