トップへ戻る
トップ>光ファイバー初期工事費

光ファイバー・工事費無料のカラクリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

光ファイバーを使ったインターネットに申し込む場合、どこのサービスでも工事が必要です。 数年前まで光ファイバーの工事は無料が当たり前でしたが、今ではどこで申し込んでも必ず数万円の工事費がかかってしまうようになりました。

光コラボ事業者

光コラボ事業者の場合、フレッツ光から転用する場合と新規で申し込む場合で初期費用が変わってきます。

転用で申し込む場合

光コラボはフレッツ光の設備を丸ごと別の事業者に貸し出しを行うことで提供されているサービスです。 そのため、現在フレッツ光を使っている方は、工事無しで、そのまま光コラボへ転用することができます。

工事が不要なので当然工事費はかかりません。 2,000〜3,000円程度の事務手数料だけでフレッツ光から光コラボ事業者に乗り換えることができます。

光コラボを新規で申し込む場合

光コラボ事業者でインターネットサービスを申し込む場合、今現在フレッツ光を使っていない場合は、光コラボを新規で申し込む必要があります。 新たに光ファイバーを引き込む必要があるため当然工事が必要となります。

工事費は各事業者によって多少変わってきますが、分割で支払う点ではフレッツ光の工事費と同じ仕組みとなっています。

主な光コラボ事業者の工事費
プロバイダ工事費
戸建てマンション
ドコモ光18,000円15,000円
OCN光18,000円15,000円
エキサイト光18,000円15,000円
ビッグローブ光18,000円15,000円
So-net光24,000円24,000円
ソフトバンク光24,000円24,000円

So-net光やソフトバンク光など、スマホとのセット割りなどで割引率が高くなっているプロバイダは比較的工事費が高めに設定されています。
ただ、工事費が高くても割引額を考えれば数ヵ月ほどで相殺できてしまうため、決して高くはないでしょう。

また、工事費はフレッツ光同様分割での支払いとなります。
工事費18,000円の場合、初月に3,000円請求され、翌月以降500円×30ヵ月の分割となります。 マンションタイプなの15,000円の工事費は、初月に3,000円請求され、翌月以降400円×30ヵ月の分割となります。

So-net光などの24,000円の工事費の場合、初月に3,000円請求され、翌月以降800円×30ヵ月の分割となります。

ソフトバンク光のみ支払い期間が短くなっています。 初月に3,000円請求せれる点では同じですが、翌月以降875円×24ヵ月の分割となります。

トップへ戻る↑

auひかりの工事費

auひかりに申し込みをすると戸建てタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円の工事費がかかります。 戸建てタイプの場合、1,250円×30ヶ月、マンションタイプで1,250円×24ヶ月の分割で請求されます。

しかし、これらの工事費ですが、ある程度の期間、auひかりを利用すれば実質無料にすることが出来ます。

例えばauひかりの戸建てタイプに申し込みをした場合、1,250円×30ヶ月の工事費が請求されますが、 固定電話の申し込みをすれば毎月1,250円の割引が適用され、この割引は解約しない限り30ヶ月間継続されます。

つまり、毎月1,250円の工事費を請求すると同時に、毎月1,250円の割引が適用されるので、実質工事費は無料となります。

また、この割引の適用条件として固定電話サービスであるひかり電話(月額500円)の申し込みが必要となります。
固定電話が必要が無い方にとっては、あまり良くない割引ですが、固定電話サービスの申し込みはスマホとのセット割りを提供するためにも必要となるオプションです。
スマホとのセット割りが適用されれば、スマホのデータプランによって毎月934〜2,000円の割引が、auスマホを使っている家族の人数分だけ適用されます。

つまり、固定電話の月額500円さえ払えば、毎月1,250円の割引で工事費が無料となり、 なおかつ毎月934〜2,000円×家族分の割引が付くので、固定電話が必要ない方でもお得感のあるシステムになっています。

なお、auひかりの工事費用や工事内容については、auひかり工事 丸わかりガイド|工事費から注意点までサクッと解説!で画像入りで詳しく解説しています。

戸建てタイプ「ギガ特プラン」の例
インターネット料金5,200円
電話基本料金500円
工事費分割1,250円
工事費割引-1,250円
合計5,700円+消費税

工事費分割終了後(31ヶ月目以降)
インターネット料金5,200円
電話基本料金500円
合計5,700円+消費税
トップへ戻る↑

NURO光の工事費

NURO光の工事費に関してもauひかりと同じシステムになっています。 しかもauひかりよりもキャンペーンの適用条件が緩く、良心的な内容になっています。

NURO光に申し込みをすると工事費が40,000円かかり、1,333円×30ヶ月の分割で請求されます。 この工事費ですが、NURO光を継続すれば実質無料となります。

NURO光では工事費が1,333円×30ヶ月請求されるのと同時に、キャンペーンで毎月1,333円の割引が付きます。 この割引は30ヶ月続くのでNURO光を途中で解約しない限り、工事費が割引で相殺され実質無料にすることが出来ます。

また、auひかりと違う点として、固定電話の申し込み義務がありません。 そのため、固定電話が必要ない方にとって、非常にうれしい割引となります。

戸建てタイプの例
インターネット料金4,743円
工事費分割1,333円
工事費割引-1,333円
合計4,743円+消費税

工事費分割終了後(31ヶ月目以降)
インターネット料金4,743円
合計4,743円+消費税
トップへ戻る↑
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
法人、個人事業主におすすめインターネット光回線、キャッシュバック比較
【法人向け】法人・個人事業主向けフレッツ光のキャッシュバック比較
株式会社エヌズ・カンパニー NTT代理店 日本ネットワークビジョン フレッツ光の割引 フレッツ光3種類の申し込み方法