1. ホーム
  2. Mbpsとは?

Mbpsとは?

回線事業者やプロバイダのサイトに行くと必ず目にするのが「Mbsp」(メガビーピーエス)という単位です。 これは言うまでもなく、通信速度を表しています。

「bps」(bit per second)

Mbsp」の前に、まずMを取った単位、「bps」を説明しましょう。
これは英語で「bit per second」です。日本語に翻訳すると「一秒あたりのビット数」となり、 例えば、「3bit per second」であれば、一秒間に3bit送受信出来ることになります。

bit (ビット)とはコンピュータが扱うデータの最小単位です。
コンピュータのファイルはすべてこのbitの集まりと言えます。
簡単にいえば、一つのファイルに、このbitが多く含まれているほど、容量の大きなファイルということになります。

「bps」の他に[kbps](キロビーピーエス)があります。
この考え方は非常に単純で、重さや長さで利用するK(キロ)と使い方は同じです。
例えば、

1000m = 1km

1000g = 1kg

1000bit = 1kbit
(記憶容量などを表す場合は、1024bit = 1kbit です。)

k(キロ)が分かれば、M(メガ)も簡単です。

1000Kbit = 1Mbit

最近通信速度でも頻繁に使われるようになった、G(ギガ)も同じです。

1000Mbit = 1Gbit

つまり最大100Mbpsとは一秒間に最大100Mbit送受信が可能ということになります。

例えば下記の画像は272656bit (273Kbit)あります。



272656bitをMbitに直すと、0.272656Mbitとなります。
仮に100Mbpsで受信したとすると、単純に計算して、

0.272656÷100 = 0.00272656

0.00272656秒でこの画像を受信することが可能です。
(実際はコンピュータの処理能力や、あらゆる原因でこの速度はできません。)

「Byte」(バイト)

ちなみにコンピュータのハードディスクの容量や、メモリーの容量を表すのに、Byte(バイト)と呼ばれる 単位があります。

このByteとbitはまた別の単位になります。
簡単に説明すると1Byteが8bitと等しくなります。
なので、上記例で使用した画像も、コンピュータ上では33.2KB(キロバイト) 34,082Byteと表示されます。

無線LANの規格へ⇒




【フレッツ光】オプション条件無しでもCB40000円
業界最高額のキャッシュバック!不要なオプション無しで月額料金を節約
関連記事
悪質代理店によるしつこいネット回線営業勧誘 【危険】ネット回線業者の悪質&詐欺まがいの手口と、必殺の撃退法!
ホーム
インターネット光回線の悪質業者の勧誘・営業はしつこく厄介です。このページでは、ネット回線の悪質業者が使う詐欺まがいの勧誘手口と、その撃退法について解説しました。無理や...
eo光ネット 関西で人気のeo光とは?サービス・料金・キャンペーン・他社との違いを解説 eo光ネットは世界最速インターネットとしてスタートしましたが、速度だけではなく料金やセキュリティ、工事など他社光とは大きく違う点がいくつもあります。このページではeo光ネ...
プロバイダと回線業者の違い プロバイダと回線事業者の違い|日本のインターネット事情をまるっと解説
ホーム
フレッツ光やauひかりでは、回線とは別に必ずプロバイダへの申込みが必要になります。特にフレッツ光では料金を2箇所に支払う必要があり支払いが複雑になてしまいます。プロバイダ...
光回線案内猿(人?)シャーの部屋
ホーム
光回線の選び方を丁寧に教えてくれる光回線案内人「シャー」です。生まれ育ったボルネオの地を捨て、わざわざ日本に来てくれました。カツゼツは非常に悪いですが流暢に日本語が話...
NURO光とは?サービス内容・料金・キャンペーン・他社との違いを解説
ホーム
NURO光は世界最速インターネットとしてスタートしましたが、速度だけではなく料金やセキュリティ、工事など他社光とは大きく違う点がいくつもあります。このページではNURO光と他...